『けいおん!』最終回……じゃない!

けいおん! (1) (まんがタイムKRコミックス)

「まんがタイムきらら」で連載の4コマ漫画『けいおん!』、TBS系列で放送された人気テレビアニメの『けいおん!!』。この2作が、ほぼ同時に最終回を迎えた。こう言っては何だが土壇場での商売っ気は、凄まじいものがある。

まず「まんがタイムきらら」本誌。連載は10月号で終了したが、これと前後して、9月号から3号連続で特別付録が付く。9月号では手ぬぐい、10月号ではしおり、11月号ではコミックスかけかえカバー。‘付く’にしても問題は値段。特別定価と称した値上げが行われている。定価350円が、特別定価450円。付録を手にした人なら分かると思うが、あの低クオリティで100円とはとても思えない。『ファンなら買うだろう』の思惑がありありと分かるが、ズバリ当たって好調な売れ行きだったそうだ。

そして9月27日発売のコミックス4巻には、一部書店にて購入すると特典が付いてくる。とらのあな、アニメイト、ゲーマーズのみならず、三洋堂、文教堂、有隣堂などでも実施した。定価は3巻までと変わらず860円なので、どこか(おそらくは書店側)が利益を削って作成したのだろう。つまりそれだけ売れると見込んでの企画で、ズバリ当たって好調な売れ行きらしい。全部の特典を揃えようとすれば、15冊購入する必要があるらしい。これをやりかねない人種が二つ。ひとつ目が熱狂的なファン。二つ目が転売狙いの人。需要が見込まれるから供給されたのか。供給されるから需要が生まれるのか。

さらに30日発売のPSPゲーム『けいおん!放課後ライブ!!』。こちらも販売店によって様々な特典が付いてきた。どちらの特典も出遅れた人は、ネットオークションをどうぞ。転売目的の人が多数出品している。

大きなブームとなった『けいおん!』。漫画とアニメの終了で終わりかと思ったら、どうやらそうでもないらしい。下記サイトで発表されているので、知っている人も多いだろうが、映画化が決定した模様。第三部の噂はあったので、当たらずとも遠からずの展開だ。芳文社や関連会社が、簡単にドル箱を手放すはずがなかった。ただし映画化以上の内容が聞こえてこない。順当なところを考えれば、卒業後がアニメ化されるのだろう。唯達は大学でもバンド活動を続ける。残った梓達もバンドを組む。文化祭で二つのバンドがセッションする。そんなところか。

しかしここは思い切って実写化を提案したい。第何次ブームか分からないが、アイドルユニットが多数登場している。AKB48、アイドリング!!!、東京女子流、スマイレージ、中野腐女子シスターズなどなど。その中から外見が似た女の子をピックアップして、ストーリーは漫画そのままで……まぁ、無理か。 誰が誰を演じても、批判山盛りになりそうだ。

不景気の現在、企業としても商売の種になるものは、なるべく活かしたいのは道理。『けいおん!』ビジネスがどこまで広がるか分からないが、ファンが疲れることの無いように、節度を持って商売展開して欲しい。

【関連URL】
・芳文社「けいおん!」サイト
http://www.dokidokivisual.com/k_on_web/

・TBS「けいおん!!」公式ホームページ
http://www.tbs.co.jp/anime/k-on/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。