ノイタミナドラマ『もやしもん』最終回

もやしもん(9) (イブニングKC)

ドラマ『もやしもん』が、先日最終回を迎えました。一言で感想を述べれば、「まぁ、上手くまとめたな」と。何でもアリの漫画やアニメと異なり、限界のあるテレビドラマですが、その枠内で十分高いレベルでまとめてありました。視聴率は初回3.9%を皮切りに、2%台半ばで推移しました。時間帯を含めて考えれば、まぁまぁの数字と思うのですが、どんなものでしょうか。

見所の菌たちのCG表現は、ぎりぎりセーフでしょうか。見ていて『合ってないんじゃない?』と感じる場面もありました。主人公の沢木を演じる中村優一も、やりにくかったのかもしれませんね。またドラマに集中している時に、CGの菌が出てきて『うぜー』と思ってしまったこともありました。ある意味では菌達が主人公なのに本末転倒です。ただ沢木は、いつもあんな感じの視覚なんですよね。漫画の中であっても苦労が偲ばれます。

さて仮に好評だったとしても、ノイタミナで続編があるかと言えば、なかなか難しいでしょう。漫画を読んでいれば分かると思いますが、沢木達は菌に引きずられるかのように、活動範囲を広げていきます。それこそ日本各地から世界まで。ノイタミナの制作予算では、それを追っかけるのは厳しいだろうなぁと。可能性を考えるとすれば、シナリオを切り直しての映画化くらいかもしれません。

ドラマのDVDは12月23日から4ヶ月連続で発売開始。数量限定生産版には菌グッズ(なんだか嫌な響きですが)が付いてきます。またTSUTAYAオンライン、HMVオンラインなどで購入すると、先着で「中村優一inもやしもん特製ポストカード」が貰えます。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

イブニング連載中の原作漫画では、沢木を始め某農大の面々が海外を侵略、もとい旅行しています。もちろんただでは済みそうにないでしょうし、既にトラブルの種もいくつか垣間見られます。外国の菌達と共に、沢木はどんな活躍を見せてくれるでしょうか。

【関連URL】
・ドラマ「もやしもん」公式サイト
http://moyashimon.noitamina.tv/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。