週刊少年ジャンプ 2010年40号(2010年9月5日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『べるぜバブ』(田村隆平)
帝毛との最終決戦。三木は男鹿に初めて名前を呼ばれ、喜びを隠せない様子。お互いを信頼し合った二人と『影組』との戦いの行方はいかに──!『べるぜバブ』、なんとTVアニメ化決定です。キャストも豪華声優陣!期待できそうです。

●『黒子のバスケ』(藤巻忠俊)
ついにベスト4決定戦が終了し、WC東京代表2校を決める決勝リーグ出場校が決定した。翌日からの決勝リーグ、誠凛は初戦をなんなく突破。しかし隣のコートで行われている秀徳VS霧崎第一の試合では不穏な空気が流れ──。様々な思惑が錯綜する決勝リーグとなりそうです。

●『少年疾駆』(附田祐斗)<最終回>
時は流れ、6年後の冬。国立競技場で行われている全国高校サッカー選手権大会決勝の舞台に、晴輝は立っていた。そして会場には海外遠征から戻った陣明もいて──。今号にて最終回となりました。ジャンプでは久しぶりのサッカー漫画でしたが、なかなか難しかったようですね。

 
■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 べるぜバブ(田村隆平)<巻頭カラー>
 NARUTO-ナルト-(岸本斉史)
 トリコ(島袋光年)
 バクマン。(大場つぐみ&小畑健)
 家庭教師ヒットマンREBORN!(天野明)
 BLEACH(久保帯人)
 PSYREN-サイレン-(岩代俊明)
 めだかボックス(西尾維新&暁月あきら)
 黒子のバスケ(藤巻忠俊)
 いぬまるだしっ(大石浩二)
 ぬらりひょんの孫(椎橋寛)
 こちら葛飾区亀有公園前派出所(秋本治)
 SKET DANCE(篠原健太)
 銀魂(空知英秋)
 べるぜバブ番外編(田村隆平)<読み切り>
 保健室の死神(藍本松)
 逢魔ヶ刻動物園(堀越耕平)
 SWOT(杉田尚)
 メタリカメタルカ(水野輝昭)
 少年疾駆(附田祐斗)

【コメント】
今回はTVアニメ化が決定した『べるぜバブ』が巻頭カラーを飾りました。『ONE PIECE』が休載で少し紙面がさみしいですね。気になるのは『PSYREN-サイレン-』が好位置につけてきたこと。逆に『銀魂』は後方で、相変わらず順位が安定しません。

次号から再び新連載が開始。最近始まった作品がなかなか人気を獲得できていないので、次こそ期待したいです。そして『保健室の死神』が連載1周年、『いぬまるだしっ』が連載2周年で共にセンターカラーを飾ります。アニメ化の発表があった『べるぜバブ』も好位置につけてくるでしょう。新連載の開始に伴って、もう1作品連載が終了しそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。