sunday201040

週刊少年サンデー 2010年40号(2010年9月1日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

●『結界師』(田辺 イエロウ)
墨村正守は同志を集めるために十二人会の幹部の一人、鬼童院ぬらに会いに行く。しかし協力は得られず、帰路に着く。総本部を見張っているところに、間流結界術の開祖である間時守が現れる。墨村良守を指導していることを伝え、余計な負担を取り除くために、早急な解決を求める。そのため正守に協力を得られそうな人物を紹介する。果して‘雷神’とは?

 ●『アラタカンガタリ~革神語~』(渡瀬悠宇)
センターカラーは、女性キャラ5人のサービスイラスト。
魂鞘のるつぼの力により、日ノ原革(ひのはら あらた)と精霊テコとの中身が入れ替わってしまう。周囲の人間に勘違いされるままに旅を続ける中で、状況を次第に理解していく。テコの無邪気な行動により、革への誤解が大きくなる。なんとか戻ることを望みつつ、様子見をしてしまう革。

●『國崎出雲の事情』(ひらかわあや)
『東海道四谷怪談』の舞台、ひいき筋の各務親子が見物する中で、お岩を演じる出雲の出番が淡々と進む。しかし強い印象を与えることができない。幕間の後、怨霊となったお岩が、客席上空に宙乗りで現れる。予定外の演出に観客が大興奮。さり気ないセリフによって、各務親子の絆も深まる。打ち上げの席では、皆揃って大団円。次号より新展開?

■ 掲載順チェック!

【今号の掲載順】
 最上の明医~ザ・キング・オブ・ニート~(橋口たかし 取材・原作/入江謙三)
 神のみぞ知るセカイ(若木 民喜)
 名探偵コナン(青山 剛昌)
 結界師(田辺 イエロウ)
 KING GOLF(佐々木 健 技術指導&監修/谷 将貴)
 境界のRINNE(高橋 留美子)
 ハヤテのごとく!(畑 健二郎)
 アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬悠宇)
 史上最強の弟子ケンイチ(松江名 俊)
 戦国八咫烏(小林 裕和)
 マギ(大高 忍)
 國崎出雲の事情(ひらかわあや)
 怪体真書φ(険持ちよ)
 はじめてのあく(藤木 俊)
 ARAGO(新井隆広)
 よしもと芸人の超怖な話 ~ピース編~(水口尚樹 取材・松永マツイ)
 絶対可憐チルドレン(椎名 高志)
 月光条例(藤田 和日郎)
 オニデレ(クリスタルな洋介)
 MiXiM☆11(安西 信行)
 DEFENSE DEVIL(原作/尹仁完 作画/梁慶一)
 T.R.A.P.(大和屋エコ)
 ツール!(大谷アキラ 監修/栗村修)
 電脳遊戯クラブ(小笠原 真)

【コメント】
『DEFENSE DEVIL』が後方に落ち着きつつあります。新展開が望みにくいところで、てこ入れはあるのでしょうか。また『結界師』が徐々に掲載順位を上げつつあるところ、強力なキャラが登場することで上位固定か。短期集中連載の『よしもと芸人の超怖な話』が次号で最終回。最後はもう少し掲載順アップで華を飾るかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>