志村貴子先生の『淡島百景』が連載再開!物語は最終章へ!

『淡島百景』のレビュー記事はこちらからどうぞ

宝塚歌劇団をモチーフにした、架空の歌劇学校である淡島歌劇学校を舞台に、将来の舞台女優を目指す学生・卒業生・ファンを主人公として、その濃密な人間関係を描いた作品が『淡島百景』です。

作者の志村貴子先生のnoteでも書かれているとおり、本作は5巻で完結します。前身の「ぽこぽこ」で、2011年より連載が始まった本作。その最終章となる第29話が2023年11月27日に「Ohta Web Comic」のサイト上で再開されました。

【最終章のタイトル・あらすじ】

気になる最終章のタイトルは、「伊吹桂子と岡部絵美」です。

物語は、桂子が若かりし学生の頃、絵美をイジメているところの回想からスタート。

回想シーンが終わると、舞台は現代に戻ります。

桂子はすでに定年退職しており、現在は体調を崩して何回か目の入院中。

入院中の彼女を、フリーライターに転身した田畑若菜が見舞いに訪れます。

そんな若菜に問いかけます。

「あなたは淡島に入って、後悔したことがある?」と。

若菜が答えた後、「私は後悔ばかり。とり返しのつかないことをしたし、つぐなうこともできない」と返すのです。

その後、意を決したように「私がしたことをこれから話すので、できれば記事にしてほしい。可能であれば、本にもしてほしい」といい、岡部絵美に自らがしたイジメ行為について語りはじめるところで、最終章の第1幕が終わります。

ふたりの関係は、第1巻の第3話と第4話に書かれています。

  • 第3話 岡部絵美と小野田幸恵
  • 第4話 伊吹桂子と田畑若菜

第3話は、現在(2023年12月22日執筆時点)で、無料公開されているので、読んでみてください。

【イジメ・パワハラについて思うこと】

先にも書いたとおり、最終章は伊吹先生が岡部絵美さんに対して行った、イジメ行為の真実が詳らかにされる、物語の中でももっとも重たい章です。

筆者自身は、イジメる側にまわったこともあれば、イジメられる、パワハラを受ける側に回ったこともあります。

そのことを思い返しながら、今回の第29章を読み返しました。

その中で、思ったことは「イジメ・パワハラは大変にカッコ悪い行為である」ということです。

結局、する側に何らかのコンプレックスがあるから、そのはけ口として誰かをターゲットにしたイジメ・パワハラにつながります。

実際に本人に指摘したら「痛いところを突かれた」とでも言いたげな表情で怒り出したので、本当のことだったのでしょう。

それはさておき、印象に残ったのは、岡部絵美が伊吹桂子に唾を吐きかけた描写です。

桂子は「唾をかけられた時の顔は、さぞかし祖母に似ていたことだろう」と回想し、女優引退後は「岡部絵美のような生徒も、自分のような生徒も出さない」ことを心に誓い、淡島歌劇学校の教師になります。

モチーフになった宝塚歌劇団・宝塚音楽学校でもパワハラ事件が起き、現在問題になっているところです。

物語の最後が、どのように締めくくられるのかは誰にもわかりません。

物語の完結、および完結巻となる5巻の発売が今から楽しみです。

【作品データ】
・作者:志村貴子
・出版社:太田出版
※「Ohta Web Comic」で連載
・刊行状況:既刊4巻