週刊少年サンデー 2021年46号(2021年10月13日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0746
●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
亡くなった伊達刑事の手帳に残っていたメモを元に、喫茶ポアロを訪れたコナン達。そこで忘れ物のような携帯ゲーム機と、犯罪に巻き込まれたらしき外国人の男の子の存在を知る。

日付が随分と前後していますが、まさにコナン時空です。初っ端には連続強盗事件の犯人も捕まっていますし、犯罪の絶えない町なんだなと。今回は死人が出ないことを願います。

●『はじめラブコメ オガベベ』(おきらくボーイ)
「カッコイイ」と「カワイイ」の言葉を意識し始めたオガとべべ。その言葉を言わせようと、仲間のアドバイスから衣装を変えてアピールしてみます。

この「カッコイイ」「カワイイ」コーデが人類史上初の流行でしょうか。「類は友を呼ぶ」なんて言いますし、さっさとくっつけよとも思っちゃうんですけどね。

●『第九の波濤』(草場 道輝)
海洋実習が終了して、4年生となる次年度の研究室を選ぶ時期が近づく。幅広く興味を持って全ての研究室を訪ねた湊は、それでもどの研究室を希望するか決めかねていた。

教授陣にモテモテの湊。どの研究室を選んでも満足しつつ後悔もしてしまいそうです。となると、凪子に一番近づける研究室になりそうです。元々、湊が海洋大を選んだ目的ですしね。

■ 掲載順チェック!
【今号の掲載順】
名探偵コナン(青山 剛昌)
葬送のフリーレン(原作:山田 鐘人、作画:アベ ツカサ)
古見さんは、コミュ症です。(オダ トモヒト)
MAO(高橋 留美子)
あおざくら 防衛大学校物語(二階堂 ヒカル)
よふかしのうた(ことやま)
はじめラブコメ オガベベ(おきらくボーイ)
トニカクカワイイ(畑 健二郎)
龍と苺(柳本 光晴)
魔王城でおやすみ(熊之股 鍵次)
かけあうつきひ(福井 セイ)
ギニーピッグと運び屋(天野 リサ)
君は008(松江名 俊)
舞妓さんちのまかないさん(小山 愛子)
BE BLUES!~青になれ~(田中 モトユキ)
第九の波濤(草場 道輝)
保安官エヴァンスの嘘~DEAD OR LOVE~(栗山 ミヅキ)
バイロケーターズ(田辺 狭介)
アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)
妖怪ギガ(佐藤 さつき)
十勝ひとりぼっち農園(横山 裕二)
《休載》
MAJOR 2nd(満田 拓也)
蒼穹のアリアドネ(八木 教広)
名探偵コナン ゼロの日常(新井 隆広、原案協力/青山 剛昌)

【コメント】
10月18日(月)に単行本第100巻が発売する『名探偵コナン』が表紙と巻頭掲載。描き下ろしピンナップポスターのほか、記念企画が続々と進行中で、今号のカラーページにはエピソード投票結果を発表しています。中段には短期集中連載第3弾の『ギニーピッグと運び屋』を掲載。短期集中連載3作品から本格連載に至るものはあるのでしょうか。休載明けで新章に突入した『第九の波濤』は後方掲載となりました。最終章ではなさそうですが、果たしてどうなるか。また47号から始まるSSGP(新世代サンデーグランプリ)に掲載する6作の新人読切予定を発表。さらに12月1日(水)発売の新年1号では5作の新連載が発表ともあります。こちらも期待しましょう。