ストレスフルな毎日の中、自分を変えようとする女性の等身大を描いた話題作『凪のお暇』

社会に出て働く上で、夫婦生活もしくは付き合っていく上で、私たちはどうしても場の空気に合わせることを求められがちです。なにか言いたいことがあっても、言葉を飲み込んで我慢した経験のある人も多いはず。

空気を読んだり、我慢したりを繰り返していると、いつの間にかストレスが溜まってしまうものですが、それでもなんとかしようともがくのが現代女性の姿といえます。そんな女性を主人公にした作品が、コナリミサト先生の『凪のお暇』です。本作は「このマンガがすごい!2019」オンナ編3位、「第8回ananマンガ大賞」にて大賞を受賞。2021年1月現在で累計発行部数400万部を超えています。

主人公は都内で働くOLの大島凪、28歳。会社員時代の彼女は経理部に所属しており、社内ではいつも空気を読み、ひどいくせ毛を隠すようにストレートヘアにするなど、いつも周りを気にしていました。

そんな彼女の趣味は節約で、口ぐせは「わかるー」でした。ストレスフルな毎日を送っていたある日、同僚女性によるマウンティングや当時隠れて交際していた男性の一言が原因で、過呼吸を起こして倒れてしまいます。

そこで会社を退職し、家財道具や人間関係をすべて断舎離してアパートへ引っ越します。この無職期間を「お暇」と称して満喫する凪は、空気を読みすぎる自分からの脱却を決意して、周囲と積極的に関わることで変わろうとする姿を描いた物語です。

キャラクターも慎二やゴン、うらら親子などどこか憎めない魅力的なキャラクターがいっぱいいます。ストレスに悩み、自分の性格を少しでも変えようと奮闘する女性の等身大を描いた作風なので、共感ポイントもいっぱい。

退職後の凪は、貯金残高100万円の無職となりますが、節約レシピも載っており、貧乏でも心豊かな生活を楽しむ凪が見られるなど、見どころ満載。女性だけでなく多くの男性も読んでいる作品です。

本作は、2019年7月~9月にかけて黒木華さん主演でドラマ化。大きな反響がありました。まもなくコミックスも9巻が発売予定です。秋の夜長に大人買いして読んでみるのはいかがでしょうか。

【作品データ】
作者:コナリミサト
出版社:秋田書店「Eleganceイブ」
刊行状況:既刊8巻