闘志を秘めた少年が弱い自分に打ち克つ柔道物語『ウチコミ!!』

体重別が導入されてからは、同じ階級の選手との試合が多くなりましたが、「柔能く剛を制す」という言葉があるように柔道の基本は無差別級の戦いです。身長差・体重差のある相手との試合は確かに大変。しかし、大きな相手を投げてもしくは抑え込んで勝った時の爽快感は何物にもかえられません。

そんな小さい少年が柔道を通して強さを身につけ、成長していくさまを描いた作品が『もういっぽん!』や『むねあつ』などの柔道マンガでおなじみの村岡ユウ先生の『ウチコミ!!』です。

舞台は東京都内にある公立高校、東京都立武蔵原高等学校。この学校の新入生で、主人公でもある高校1年生の少年・光石錬(レン)は、体が小さいというだけで同級生の真壁たちに小学校の頃からいじめられ続けます。

「いつか大きくなったらやり返してやる」と誓っていた錬少年は、日頃から自宅にある大きな桜の木を使ってトレーニングに励んでいました。これによって、一度掴んだら気絶しても離さないほどの強靭な握力がついていたのです。

これに目をつけた2年生の祭田春樹が柔道部に勧誘し、同じ1年のヒューマとの試合で「投げること」の気持ち良さを体感したことで柔道部入部を決意。いよいよ柔道の修行がスタートします。

柔道は確かに腕力や足腰の強さも大事ですが、実際にはセンスだけでなく日頃の稽古やメンタルが重要です。そして、「このような選手になりたい」と思う同じ所属内の目標、「このチーム・選手に勝ちたい」と思えるライバル、何より自分自身に打ち克つ心がなければ向上できません。

本作だけでなく、作者の代表作でもある『もういっぽん!』にもいえることですが、気持ちの強い主人公に強い同級生・ライバルたち、可愛いヒロインがバランスよく散りばめられた作風&絵柄は健在です。

少しテイストは違いますが、柔道経験者だけでなくやったことがない人も、ひとつの物事に必死で打ち込んだ経験のある人であれば必ず何かを得られる作品でしょう、

【作品データ】
・作者:村岡ユウ
・出版社:秋田書店(週刊少年チャンピオン)
・刊行状況:全7巻