【特集:臼井儀人シリーズ-5】クレヨンしんちゃん初期の雰囲気を味わえるブラックユーモアコミック『しわよせ人材派遣(株)』

臼井儀人シリーズ-1は、こちらよりどうぞ
臼井儀人シリーズ-2は、こちらよりどうぞ
臼井儀人シリーズ-3は、こちらよりどうぞ
臼井儀人シリーズ-4は、こちらよりどうぞ

良いもの悪いもの含め、人にはそれぞれ個性や特徴があるものです。皆さんが働いている会社もしくは取引先などにも、さまざまな個性を持った人に出会っているかもしれませんね。

それは特技だったり、見た目や言動だったりします。そんな奇妙な特技の持ち主ばかりが集まる人材派遣会社の派遣社員が派遣先で繰り広げる抱腹絶倒劇を描いた作品が、今回ご紹介する『しわよせ人材派遣(株)』です。

本作の舞台はタイトルになっている「しわよせ人材派遣(株)」という人材派遣会社です。なんと言っても面白いのは、登場人物のキャラ設定。ここには、世界7カ国語と津軽弁が話せる人、息を止めて生死の境をさまよえる人など、奇妙な特技を持っている人が多数所属しています。

彼女たちはお寿司屋さんやスーパーマーケット、歯医者など多種多様な会社に派遣されるのですが、派遣先でいろいろなことを引き起こします。そんな彼女たちの仕事ぶりを描いた作品です。

もう一つ収められているのが、『ぶちかましシアター』。こちらは親子や高校生のカップルなどさまざまな立場にある人の振る舞いをコント仕立てにした4コママンガです。

両作に共通するのは、大人向けのブラックジョークになっている点です。初出は1993年なので、ちょうど『クレヨンしんちゃん』の初期と重なっていることもあり、テイストがかなり似通っています。

絵柄も似ているため、初期の『クレヨンしんちゃん』が好きな人はすんなりと入っていけるのではないでしょうか。また、意外と知らない人が多いので、知っていたらちょっとした自慢になるかもしれません。

【作品データ】
作者:臼井儀人
出版社:ぶんか社
刊行状況:全1巻