意外と知らない文化やマナーを学べるマンガ『北欧女子オーサ日本を学ぶ』

過去記事はこちらよりどうぞ
北欧女子オーサの関連記事はこちらよりどうぞ

交通ルールが違う、チップの習慣がない、日本では履物を脱いでから上がるなど、日本と海外ではさまざまな点で違いがあります。はじめて海外旅行にいった時、文化の違いに驚いたという人も多いのではないでしょうか。これは日本に来た外国人も例外ではありません。

ましてや外国からやってきて永住している人であれば、なおさらわからないことだらけ。実際、私たち日本人でも意外と知らない文化や作法は多くあります。北欧女子(スウェーデン出身)として有名なオーサ・イェークストロム先生が描いた『北欧女子オーサ日本を学ぶ』は、そんな彼女が学んだ日本文化などについてまとめられたマンガです。

先のリンクで紹介した代表作でもある『北欧女子オーサが見つけた日本の不思議』では、彼女が感じた日本の不思議を4コママンガで描いています。ただ、本作については通常のコマ割形式が使われています。

作品は4つのパートに分かれています。

・第1章 日本食のマナー
・第2章 日本語
・第3章 お付き合いの作法
・第4章 お金の習慣

本書では小倉朋子先生がテーブルマナー、金田一秀穂先生は日本語、杉山美奈子先生がコミュニケーションについて、岩下宣子先生がお金のマナーについてそれぞれ監修しています。

その中で、特に印象に残ったのがおしぼりの使い方です。私も本書を読んで従来の使い方とは違うことをやっていたことに気付かされ、恥ずかしい思いがしました。これからは本当に気をつけたいですね。

その他、日常でもよく使う敬称に関する作法や手土産の作法、お金関連で決してやってはいけないことなど、日常でついついやってしまう点がオーサ先生ならではの可愛い絵柄で紹介されています。

人物の絵柄はデフォルメされていますが、背景・小物の書き込み、仕草など描写が丁寧に描かれています。また、こうしたマンガでは図解を丁寧にすることが求められますが、その点についてもバッチリです。

マナーについて知るためのはじめての一冊にぜひおすすめさせていただきます。

【作品データ】
作者:オーサ・イェークストロム
監修:小倉朋子、金田一秀穂、杉山美奈子、岩下宣子
出版社:KADOKAWA
刊行状況:全1巻