週刊少年マガジン 2021年33号(2021年7月14日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2021WM_no33
●『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
東京ファッションウィークから10年。世界に飛躍した育人のブランド”EGAO”はファッションの歴史を大きく変えた。育人と千雪の物語はついにフィナーレを迎える。最終巻となる単行本第22巻は8月17日(火)発売。

●『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
ウォータースライダーでビキニがほどけてしまい、水原が大ピンチ。和也のフォローでことなきを得たが、思わぬハプニングに和也はドキドキしっぱなし。一方、これまで沈黙していたマミがついにプールに向かう。次週、波乱必至!

●『東京卍リベンジャーズ』(和久井健)
「佐野万次郎をブッとばす」タケミチの宣言で梵(ブラフマン)と六破羅単代の衝突は第二ラウンドへ。警察の介入でその場は治まったが、ドラケンの口から「俺は今梵のメンバーだ」との衝撃の告白が!単行本第23巻は7月16日(金)発売。

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】

ランウェイで笑って(猪ノ谷言葉)
彼女、お借りします(宮島礼吏)
東京卍リベンジャーズ(和久井健)
甘神さんちの縁結び(内藤マーシー)
DAYS(安田剛士)
EDENS ZERO(真島ヒロ)
生徒会役員共(氏家卜全)
英戦のラブロック(シヒラ竜也)
化物語(大暮維人/西尾維新)
はじめの一歩(森川ジョージ)
賢者が仲間になった!(アズ)
シャングリラ・フロンティア(硬梨菜/不二涼介)
女神のカフェテラス(瀬尾公治)
炎炎ノ消防隊(大久保篤)
恋か魔法かわからない!(内山敦司)
黙示録の四騎士(鈴木央)
それでも歩は寄せてくる(山本崇一朗)
カッコウの許嫁(吉河美希)
黒岩メダカに私の可愛いが通じない(久世蘭)
カノジョも彼女(ヒロユキ)
戦隊大失格(春場ねぎ)
カンギバンカ(恵広史/今村翔吾) <最終回>
不滅のあなたへ(大今良時)
男子高校生を養いたいお姉さんの話(英貴)

【コメント】
ついにグランドフィナーレを迎えた『ランウェイで笑って』が巻頭カラー。TVアニメ第2期が決定している『彼女、お借りします』がそれに続き、先週巻頭だった『東京卍リベンジャーズ』も引き続きトップ3に食いこんでいる。その他の掲載順は『天神さんちの縁結び』『女神のカフェテラス』などが前号よりも順番を上げた。『カンギバンカ』は惜しまれつつ今号で終了。