週刊少年サンデー 2021年19号(2021年4月7日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0719
●『葬送のフリーレン』(原作:山田 鐘人、作画:アベ ツカサ)
一級魔法使いの一次試験。結界の解析を終えたフリーレンが結界を破ると、水魔法の得意なカンネの活躍でデンケンチームに圧勝する。

なんだかんだ言ってデンケンのしぶとさは見習いたいものです。18人による二次試験の課題が気になりますが、とりあえずは一休みですね。

●『SWITCH』(波切 敦)
対椿川戦も残り時間わずか。互いに点を取り合うシーソーゲームが続くが、さらにペースを上げた雷夢のパスカットから1点差に詰め寄る。

試合時間は残り2分ちょっと。1点を逆転するのならワンプレーで充分です。しかしそのワンプレーをするチャンスがあるかどうか。

●『蒼穹のアリアドネ』(八木 教広)
ピオーヴ王国の皇帝が使うガリグラシャの威力は、フォトンキャリアーのアッシュの最強技すら圧倒する。一方、ラシルの前に現れた男も不思議な力を発揮した。

残りの1つはこっちにあると思って良さそうです。とりあえずラシルが勝つとして、ラシル+ガリグラシャでどんなパワーを発揮するのでしょうか。

■ 掲載順チェック!
【今号の掲載順】
葬送のフリーレン(原作:山田 鐘人、作画:アベ ツカサ)
よふかしのうた(ことやま)
君は008(松江名 俊)
舞妓さんちのまかないさん(小山 愛子)
FLY ME TO THE MOON(畑 健二郎)
MAO(高橋 留美子)
魔王城でおやすみ(熊之股 鍵次)
龍と苺(柳本 光晴)
あおざくら 防衛大学校物語(二階堂 ヒカル)
双亡亭壊すべし(藤田 和日郎)
BE BLUES!~青になれ~(田中 モトユキ)
ポンコツちゃん検証中(福地 翼)
SWITCH(波切 敦)
天野めぐみはスキだらけ!(ねこぐち)
第九の波濤(草場 道輝)
蒼穹のアリアドネ(八木 教広)
保安官エヴァンスの嘘~DEAD OR LOVE~(栗山 ミヅキ)
絶対可憐チルドレン(椎名 高志)
ノケモノたちの夜(星野 真)
今日のさんぽんた(田岡 りき)
妖怪ギガ(佐藤 さつき)
十勝ひとりぼっち農園(横山 裕二)
《休載》
MAJOR 2nd(満田 拓也)
古見さんは、コミュ症です。(オダ トモヒト)
名探偵コナン ゼロの日常(新井 隆広、原案協力/青山 剛昌)
名探偵コナン(青山 剛昌)
アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)

【コメント】
『葬送のフリーレン』が巻頭カラー。「マンガ大賞2021」大賞受賞記念イラストを見開きで掲載しています。中段掲載の続いた『舞妓さんちのまかないさん』が上位に浮上。コミックの売上も好調だそうです。後方掲載が多かった『ノケモノたちの夜』は次回が最終回。結構面白かったんですけどね。まさか『絶対可憐チルドレン』より先に終わるとは思いませんでした。