週刊少年サンデー2020年45号(2020年10月7日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0645
●『名探偵コナン』(青山 剛昌)
学校帰りのコナン達は外国人がビルから転落したところに出くわす。帰宅したコナンは犯人である黒づくめの組織とFBIとの間で何らかの争いが起きていることを知る。

しかし相変わらず物騒な街です。とりあえずは暗号の解読ですが、そもそも残ってしまうメールでやりとりすること自体が間違ってるような気がします。

●『ノケモノたちの夜』(星野 真)
戦いの最中に油断したマルバスはダンダリオンに角を一本折られてしまう。戦いはナベリウスの登場で一旦幕引きとなったものの、ダンダリオンは剣十字騎士団の襲撃を宣言する。

三つ巴の戦いになるのかなあと。まずは何としても角を取り返す必要がありますけど、体力も不足していますしどうなることか。とりあえずはウィステリアの笑顔が見たいです。

●『龍と苺』(柳本 光晴)
アマチュア竜王戦の県予選。準決勝で奨励会三段となったこともある浅井と対戦した苺は苦戦する。しかし周囲は負けと思う中で意外な粘りを見せる。

確かに厳しいですが、周囲が思うほど大差にはなっていないと思います。玉周りも固いですし、もう一勝負できそうです。苺が勝ったら浅井は「負けました」と言うんでしょうか。

■ 掲載順チェック!
【今号の掲載順】
あおざくら 防衛大学校物語(二階堂 ヒカル)
古見さんは、コミュ症です。(オダ トモヒト)
名探偵コナン(青山 剛昌)
舞妓さんちのまかないさん(小山 愛子)
MAO(高橋 留美子)
トニカクカワイイ(畑 健二郎)
ノケモノたちの夜(星野 真)
SWITCH(波切 敦)
葬送のフリーレン(原作:山田鐘人、作画:アベツカサ)
君は008(松江名 俊)
天野めぐみはスキだらけ!(ねこぐち)
龍と苺(柳本 光晴)
ポンコツちゃん検証中(福地 翼)
よふかしのうた(ことやま)
魔王城でおやすみ(熊之股 鍵次)
BE BLUES!~青になれ~(田中 モトユキ)
いとやんごとなき(小松 翔太)
双亡亭壊すべし(藤田 和日郎)
第九の波濤(草場 道輝)
保安官エヴァンスの嘘~DEAD OR LOVE~(栗山 ミヅキ)
絶対可憐チルドレン(椎名 高志)
蒼穹のアリアドネ(八木 教広)
イケ田くん(渥美 駿)
妖怪ギガ(佐藤 さつき)
十勝ひとりぼっち農園(横山 裕二)
《休載》
MAJOR 2nd(満田 拓也)
名探偵コナン ゼロの日常(新井 隆広、原案協力/青山 剛昌)
名探偵コナン 警察学校編(原作:青山 剛昌、作画:新井 隆広)
アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)

【コメント】
新章開始の『名探偵コナン』が表紙。でも巻頭カラーは『あおざくら 防衛大学校物語』です。NHKでアニメ化企画進行中の『舞妓さんちのまかないさん』が上位に浮上。『SWITCH』も久々の上位掲載です。一方で連載再開の『BE BLUES!~青になれ~』は中段以降の掲載が続きます。次号から『今際の国のアリス RETRY』が連載開始。NETFLIXのドラマ化と合わせた連載のようです。