週刊少年ジャンプ 2020年43号(2020年9月28日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.43
●『呪術廻戦』(芥見下々)
TVアニメスタート直前!真人の分身と対峙した釘崎は、無駄と知りつつもあらゆる手段で攻撃する。無策の乱打のように見えたが、実は脳内ではあらゆる可能性を確認していた!相手をしている真人が分身で、術式が使えないことを見抜き、さらには「共鳴り」が効果的だと確信する。二人の真人を一人で傷付けた釘崎に、虎杖は?!

●『BLADE KID』(岩倉具弘)
金未来杯エントリー第2弾は、異能力の宿る仮面をめぐる物語!仮面回収屋の御刀快進は、貧乏な上に少ない報酬で働くワーカホリックな高校生。情報屋の姉とともに、特殊能力の宿る仮面である「神面(かめん)」の所有者からそれを奪うのが仕事だが、今回の件は同級生が絡んでいて……?!

●『あやかしトライアングル』(矢吹健太朗)
画楽にきいた話をじっくり考えることにして、久々にすずの部屋に来た祭里。すずの弟はいろいろ気になるお年頃。初めて会うナイスバディの祭里に興味津々?!一方すずは、自分が相手の傷を癒やしたり、妖術や呪いを無効化できると知り、シロガネに女にされた祭里を男に戻せるのではないかと試してみるが──?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
呪術廻戦(芥見下々) <巻頭カラー>
ONE PIECE(尾田栄一郎)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
マッシュル-MASHLE-(甲本一) <センターカラー>
高校生家族(仲間りょう)
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
仄見える少年(原作:後藤冬吾 漫画:松浦健人)
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
BLADE KID(岩倉具弘) <センターカラー> <読切>
僕とロボコ(宮崎周平)
あやかしトライアングル(矢吹健太朗) <センターカラー>
ぼくらの血盟(かかずかず)
チェンソーマン(藤本タツキ)
灼熱のニライカナイ(田村隆平)
アンデッドアンラック(戸塚慶文)
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
破壊神マグちゃん(上木敬)
森林王者モリキング(長谷川智広)
AGRAVITY BOYS(中村充志)
《休載》
ブラッククローバー(田畠裕基)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
『ONE PIECE』は、休載を挟みながら年末の千話を目指すという姿勢だと発表あり。週末からTVアニメ放送開始の『呪術廻戦』が楽しみだ。劇場版を10月16日(金)に控えている『鬼滅の刃』も、次号から3号連続で本誌に登場!まだまだ熱さが止まらないぞ!