週刊少年サンデー 2020年36・37号(2020年8月5日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0636
●『龍と苺』(柳本光晴)
まれな将棋の才能を苺が持っていたことを知ったカウンセラーの宮村は、苺を棋士にしようとする。将棋の世界に興味を持った苺は、棋士にならずにプロと対戦する方法を考えていた。そんな苺は中学の将棋部に連れて行かれる。

キャラクターの名前が間違っていたとのことで、1ページにドーンと編集部からの謝罪文が載っています。さて会話が成立しないまま始まる対局はどうなるのか。5分で終わるかどうかが見ものです。

●『君は008』(松江名 俊)
敵ばかりの屋敷に女の子のボディーガードとして滞在するエイト達。サマエル先生の活躍で危機こそ避けられているものの、偽物の登場により女の子が危機に陥る。

ドグラ・マグラの仕込みとすれば、偽物の母親も簡単に尻尾を出さないでしょうね。エイトならなんとか見分ける手段を見つけられると思いたいです。

●『十勝ひとりぼっち農園』(横山 裕二)
テレビ出演のため十勝から札幌に向かう作者。ドジっぷりを発揮して遅刻してしまうものの、編集長以外は遅刻してしまう惨事に。そして作者は食事でも大きな勘違いをしてしまいます。

とことん格好つけることができない作者です。起きるにしても、目ざまし時計の1つでも買って備えておけばいいのにって思うのは私だけでは無いと思います。

■ 掲載順チェック!
【今号の掲載順】
古見さんは、コミュ症です。(オダ トモヒト)
名探偵コナン(青山 剛昌)
葬送のフリーレン(原作:山田鐘人、作画:アベツカサ)
舞妓さんちのまかないさん(小山 愛子)
龍と苺(柳本光晴)
天野めぐみはスキだらけ!(ねこぐち)
トニカクカワイイ(畑 健二郎)
MAO(高橋 留美子)
魔王城でおやすみ(熊之股 鍵次)
よふかしのうた(ことやま)
ノケモノたちの夜(星野 真)
君は008(松江名 俊)
ポンコツちゃん検証中(福地 翼)
イケ田くん(渥美 駿)
双亡亭壊すべし(藤田 和日郎)
あおざくら 防衛大学校物語(二階堂 ヒカル)
SWITCH(波切 敦)
コンビニエンスボーイ(小川 慧)
保安官エヴァンスの嘘~DEAD OR LOVE~(栗山 ミヅキ)
いとやんごとなき(小松 翔太)
第九の波濤(草場 道輝)
嘘月-ウソツキ-(ミナミ)
絶対可憐チルドレン(椎名 高志)
妖怪ギガ(佐藤 さつき)
十勝ひとりぼっち農園(横山 裕二)
《休載》
名探偵コナン ゼロの日常(新井 隆広、原案協力/青山 剛昌)
MAJOR 2nd(満田 拓也)
蒼穹のアリアドネ(八木 教広)
名探偵コナン 警察学校編(原作:青山 剛昌、作画:新井 隆広)
BE BLUES!~青になれ~(田中 モトユキ)
アラタカンガタリ~革神語~(渡瀬 悠宇)

【コメント】
連載200回の『古見さんは、コミュ症です。』が巻頭カラー。読者プレゼントのページでも古見さんらが活躍しています。新連載陣では『葬送のフリーレン』の上位掲載が続きます。8月18日発売の単行本第1巻の売れ行きはどうなるでしょうか。一方で中段や後方掲載が増えつつある『イケ田くん』や『いとやんごとなき』はどうでしょうか。なお今週号は合併号のため、次号は8月19日(水)発売です。