幸せな結婚って何だ…!? 愛を求めてさまよう男の物語『結婚星』

晩婚化、非婚化が進んだと言われる現代。それでもまだ「結婚」は人生最大級のイベントだろう。今回は結婚をテーマにした、とても濃厚な異色ラブコメ『結婚星』をご紹介したい。

出版社に勤めるアラサー男性・星は、結婚式当日に新婦からドタキャンを食らう。届けられたメッセージには「ごめんなさい。結婚できません。理由はあなたが牡牛座だから」というシュールな文面が……。1年後、悲劇から立ち直ったように見えた星だが、人生観はすっかり結婚に支配されていた。「人生の成否は結婚で決まるんだ」「史上最高の結婚をしてみせる」という強烈な信念を抱き、理想のパートナーにしか心を開かないと決めた星。はたして彼は幸せな結婚にたどり着くことができるのか!?

こんな展開で始まる、一点特化型の作品づくりを得意とする漫画家の山本康人氏が全力で「結婚」を描いたのが本作だ。

一番の特徴は、とんでもなく理不尽な理由で結婚を破談にされた主人公・星くんのキャラクター性だろう。挙式をドタキャンされて以来、彼はどれだけ殴られても切られても肉体的な痛みを感じなくなった。また、誰かが星座で相性占いしているのを見ると、急に心臓の鼓動が強くなって鼻血を吹き出す特異体質に。さらに女性からのお誘いにも軽々しく応じなくなるなど、トラウマを引きずっていることがわかる。それでも彼は最高の結婚相手を探し続ける。たぶん私たち人間なら誰でも、いや生物すべてに備わっている「少しでも相性の良いパートナーと結ばれたい」という渇望を、極端に濃くデフォルメした姿が星くんと言えるだろう。

そんな彼の前には、まるでモテ期が訪れたかのように多くの女性が現れる。無邪気であけっぴろげなフリーター、愛した男に裏切られた過去を持つ学校教師、奔放にふるまいながら実は父親の政略結婚に利用されそうな女子高生、むやみに豊満ボディを押し付けて誘惑してくる職場の後輩……みんな魅力的で、メインヒロインとしての素養は十分。彼女たちと関わりながら、喜んで、泣いて、迷って、突っ走って、がむしゃらに理想のゴールをめざす星の奮闘からきっと目が離せなくなるはず。

あまり詳しくネタバレは言えないが、ストーリーは二転三転してまったく先が読めない。最終話を知ってから第1話に戻ると、また別の味わいがあるのもおもしろいところだ。

ちなみに本作を気に入ったなら、同じ作者の『鉄人ガンマ』も読んでみていただきたい。あちらの主人公はすでに“最高の女性”と結ばれた状態からスタートしているが、それはそれで不安が絶えず「すばらしい妻に釣り合う男にならねば!」と苦闘する姿が描かれている。どちらも純粋にエンタメとして楽しめるだけでなく、結婚とは何か?愛情さえあれば結婚生活は成り立つのか?理想の家庭とは?といった深いテーマを考えるきっかけになってくれることだろう。

【作品データ】
・作者:山本康人
・出版社:CoMax(連載時は講談社)
・刊行状況:全3巻