『シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~』コミカライズスタート!!

『シャンフロ』こと『シャングリラ・フロンティア~クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす~』の連載が、7月15日発売の週刊少年マガジン33号にてスタートした。

フルダイブ型のVRゲームが全盛となった近未来。主人公の陽務楽郎は、ストーリーやシステムバグに問題があるいわゆる「クソゲー」ばかりを選んでプレイする偏食ゲーマーだった。ほとんどのクソゲーを制覇した楽郎が次に選んだのは、ゲームショップの店長に勧められて始めた「シャングリラ・フロンティア」。総プレイヤー3000万人を超える人気作で、クソゲーの対極ともいえる名作中の名作だったが、その難易度も神レベルで本来のストーリーに到達できた者はまだ誰もいなかった……という物語だ。

原作は数多くの人気ライトノベルを生んだ人気のwebサイト「小説家になろう」にて累計2億2 千万PVを叩きだした硬梨菜の超人気ラノベ。作画は『ワールドエンドクルセイダーズ』や『Fairy gone』コミカライズなどの実績を持つ不二涼介が手掛け、少年マガジンでは連載開始記念として、3号連続で原作者・硬梨菜の書下ろし外伝小説も掲載されている。

SNSではコミカライズが告知されてから話題が沸騰しており、予告カット見たさに前号から購入したという報告もちらほら。「なろう」発の作品として、TVアニメなどのメディアミックスも視野に入れていると思われ、今後の展開に目が離せない。