汗臭いけど甘酸っぱい!熱血柔道少年の青春ストーリー『むねあつ』

舞台は山口県の高校柔道部。その部長を任されている正宗は、ひそかに同学年の藍川 小春へ想いを寄せる柔道少年だ。小春と目があっただけで一日中ご機嫌になれるほど純情な正宗だが、東京から文武両道の超イケメン・桐島が転校してきた時から状況が変わった。なんと桐島は堂々と小春への恋心を公言。しかも経験者ということで柔道部に入ってきたのだ。片思い相手へ先にアプローチされた上、柔道でも叩きのめされ自信を失いかける正宗。はたして彼の青春はここで終わってしまうのか……!?

こんな流れで始まる、丸刈り熱血柔道ボーイの物語が『むねあつ』。あの柔道漫画の金字塔『YAWARA!』と同じビッグコミックスピリッツで連載された作品でもある。

本作の注目ポイントは、全1巻という枠のなかで“思春期の男子が経験しそうなこと”を見事に全部乗せしたところだろう。片思い中の少年が、その相手を目の前で別の男に奪われかける。しかも好きな小春の前で柔道対決をしてライバル男に完敗。失意のどん底に叩き落されるが、実は泥臭く練習に明け暮れる自分の姿を小春がちゃんと見てくれていたことに気づき、再び闘志を燃やす。こうした恋心と失恋、挫折、立ち直りといった王道展開が丁寧に描かれていて、学生時代に「何か」に打ち込んだ経験がある読者はグッと心を掴まれるはず。

主人公が『YAWARA!』のような天才タイプではなく、むしろ努力と根性しか取り柄がない不器用タイプなところも作品のテーマに合っている。正宗は部長だが練習量が認められて就任したにすぎず、選手としては空回りが続いて誰にも勝てないほど弱い。だが中盤の挫折時、ヒロインの小春からちょっとした投げ技フォームの違和感を指摘され、そこを改善すると今まで積み重ねてきた練習の成果が一気に開花する。こうして自信を持ち直して再びライバル男に挑むストレートな展開は、誰もがタイトル通り“胸アツ”な気持ちで応援したくなるだろう。

多くの高校部活漫画は地区大会、全国大会、あるいは世界大会へとスケールアップしていくが、本作は山口県の高校のみ、それもほぼ全編が柔道部内で完結する。スケール面では他作品に及ばないものの、舞台を限定しただけあって「努力・根性・恋心」というテーマを凝縮して表現することに成功している。

とっくに高校生の年代をすぎた20代、30代、あるいはそれ以降の男性に本作を強くおすすめしたい。どこかに置き忘れてきた「少年の日の自分」と再会できるかもしれない、珠玉の一作である。

【作品データ】
・作者:村岡ユウ
・出版社:Jコミックテラス(連載時は小学館/ビッグコミックスピリッツ)
・刊行状況:全1巻