週刊少年マガジン 2020年30号(2020年6月24日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no30
『東京卍リベンジャーズ』(和久井健)
兄に禁じられていた涙が眠れる獅子のリミッターを外す!!覚醒した青鬼・アングリーよって東卍、形勢逆転なるか!?TVアニメ化決定。

『DAYS』(安田剛士)
犬童を抜いた風間からのパスを受け取ったつくし。相手のミスでペナルティキックをもぎとるも、シュート練のオーバーワークにより、つくしの体は限界に近づいていた。だが水樹は敢えてつくしをキッカーに選び、ボールを託す。PKの行方は!?単行本最新第38巻発売中。

『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
下見のために、完成した映画を上映する予定の劇場を訪れた和也と千鶴、そして小百合。孫娘の晴れ姿を想像して無邪気に喜ぶ小百合の姿に、罪悪感を覚える和也は千鶴への素直な想いを告白するのだった。TVアニメ放送直前!!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】

東京卍リベンジャーズ(和久井健)
DAYS(安田剛士)
彼女、お借りします(宮島礼吏)
生徒会役員共(氏家卜全)
EDENS ZERO(真島ヒロ)
化物語(大暮維人/西尾維新)
はじめの一歩(森川ジョージ)
男子高校生を養いたいお姉さんの話(英貴)
カノジョも彼女(ヒロユキ)
ブルーロック(金城宗幸/ノ村優介)
カッコウの許嫁(吉河美希)
ゴッドハンド輝~沈黙のコロナ2020~(山本航暉)
ランウェイで笑って(猪ノ谷言葉)
炎炎ノ消防隊(大久保篤)
ヒットマン(瀬尾公治)
XEVEC(bose/下内遼太)
世が夜なら!(むちまろ)※短期集中連載
死神サイ殺ゲーム(門馬司/大前貴史)
トーキョーバベル(花林ソラ/久世蘭)
それでも歩は寄せてくる(山本崇一朗)
不滅のあなたへ(大今良時)

【コメント】
『ダイヤのA』『オリエント』、そして『あひるの空』はお休み。実写化に続いて、先週TVアニメ化が告知された『東京卍リベンジャーズ』が表紙と巻頭カラーを飾る今号は、比較的中盤に掲載されることが多い作品を前方に寄せた印象。センターカラーは単行本第1巻が発売となった『カノジョも彼女』と短期集中連載『世が夜なら!』。『世が夜なら!』はショートギャグのエロコメディだが、アンケート次第では長期連載を勝ち取るかもしれない。