少女パトロール・シルペリガール!『ミルキーショック!!』が夢いっぱい!

この春から中学生になる「ミルキー」こと大島みゆき。何かが起こりそうな予感を夜空に感じる、空手に強いお寺の娘だ。ある日お寺に入った泥棒を追いかけていると、「シルペリマン」と名乗る仮面とマントの男に出会う。次にミルキーが気付いた時には、自分の部屋で見覚えのない懐中時計を手にしていた──?

再びシルペリマンに出会い、話を詳しく聞いたところ、その時計はミルキーが「シルペリガール」になって、地球の世直しパトロールをする役目に任命されたということらしい。空も飛べるし、パワーはみなぎるけれど、なかなか上手に飛べないミルキー。それでも不思議なパワーで世直しをはかる。

そんな中でクラスのイケメン・車折くんのお見舞いで、誰もいない時計店を営む家の部屋に勝手に入ることになったミルキー。眠る彼の首には見覚えのある時計。もしかして彼は……?しかしその後転校生の男子が、まるで自分がシルペリマンであるかのように意味深にふるまう。混乱するミルキーだったが──?

ひょんなことから魔法少女になったりするのは、このジャンルのよくあるパターンではあるが、アクティブだけれどオッチョコチョイのミルキーを見守るシルペリマンは誰なのか?既に一般人にも知られてしまったシルペリマンとシルペリガールの存在をどうするか?秘密のヒーローはどの世界でも苦心する。

正確には「魔法少女」というよりも、「世直しガール」と呼ばれるシルペリガールは、不良をやっつけたり、子供を助けたりと、わりと地味な地域密着型ヒロイン。背後に大きな謎の組織などがあるわけでもない。あくまで悪戦苦闘しながらも人助けをするミルキーの苦労と意地と達成感が描かれている。

全1巻でまとめられた、テンポの良いラブコメディは、ミルキーの人柄もあって笑顔になれる。学校の空手部で起こる事件も爽快で、シルペリマンとの別れも悲しみはない。そして彼女たちが高校生になった時──またあのドタバタ劇を思い出して懐かしんでもらえると嬉しい。

それにしても「シルペリマン」ってどこから出てきた名前何だろうかと思ってしまうネーミング。変身時の掛け声も絶妙にダサくてそこがいい。浦川まさる節全開の元気いっぱいの作品に、男女問わずパワーを貰えるはずだ。

【作品データ】
・作者:浦川まさる
・出版社:ビーグリー
・刊行状況:全1巻