和久井健『東京卍リベンジャーズ』がTVアニメ化!!

「週刊少年マガジン」で連載中の、和久井健先生『東京卍リベンジャーズ』のTVアニメ化が決定した。

冴えないフリーター生活を送っていた花垣武道(タケミチ)は、ある日TVのニュースで昔の彼女だった橘日向(ヒナ)とその弟のナオトの事故死を知る。その翌日、駅のホームで突然何者かに突き落とされたタケミチを救ったのは死んだはずのナオトだった。

ナオトはタケミチにヒナの死の真相を告げ、タケミチに覚醒したタイムリープ能力を使って諸悪の根源である東京卍曾を壊滅させてヒナの死を回避してほしいと依頼する。

タケミチはナオトの言葉に従って時間をさかのぼり、ヒナを救うため東京卍曾の創設者であるマイキーらと出会うのだが……というサスペンスストーリーだ。

作品は現在単行本17巻まで発売されており、累計400万部を数える少年マガジンの看板作品だ。10月7日には監督・英勉、主演・北村匠海らによる実写映画の公開も予定されている。

現在は作中のキーである「東京卍會」の結成記念日である 6月19日に合わせ、ティザームービーが公開されている。2021年に放送開始となること以外、制作会社やスタッフなどの情報は今のところまだ公表されていないが、来週発売の「週刊少年マガジン」誌上でなんらかの告知がされるものと思われる。