真島ヒロ『EDENS ZERO』待望のアニメ化!!

6月12日(金)、「週刊少年マガジン」で連載中の漫画『EDENS ZERO』のTVアニメ化が作者・真島ヒロ自身の公式twitterにて告知された。

「週刊少年マガジン」で2018年の夏に連載を開始して以来、単行本が第10巻まで発売中だ(2020年6月17日現在)。

惑星グランベルでロボットたちに育てられた少年・シキが、グランベルを訪れた少女レベッカとの出会いをきっかけに宇宙に乗りだし、伝説の存在「マザー」を目指して冒険を繰り広げる物語だ。これまでのファンタジー作品とはうってかわって宇宙を舞台にしたSF作品だが、真島ヒロの持ち味である多彩なキャラクターや躍動感あふれるバトル描写は本作でも健在。これまでの作品にはなかったメカやロボットなどのSFガジェットのアクションが新たな魅力として加わった。

全世界で6000万部を突破する大ヒット作となった、『FT』こと『FAIRY TAIL』の終了から1年目の新作として連載当初から期待が集まっており、過去の2作品『RAVE』『FT』もTVアニメ化されていたことから本作も連載当初からアニメ化を視野に入れているのではないかとファンは注視していた。今回のようやくのニュースかもしれない。

放送開始の時期や制作会社、スタッフ・キャストなどの詳細はマガジン本誌でもまだ秘密。これから徐々に情報がリリースされていくものと思われる。今後の情報を楽しみに見守っていきたい。