週刊少年マガジン 2020年21号(2020年4月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no21
『DAYS』(安田剛士)
ヒートアップする聖蹟vs桜木戦。パスを送ると見せかけてゴールを狙う犬童。これまでパサーに徹してきた彼のプレイに、聖蹟のみならず味方の成神たちも驚きを隠せない。犬童の覚醒は試合に何をもたらすのか!?最新単行本第38巻は5月15日(金)発売予定。

『ドメスティックな彼女』(流石景)
スキャンダル記事の公開を未然に食い止め、種部とも決着をつけたヒナ。だがその勇気は新たな憎悪を呼び……?最新単行本第27巻は5月15日(金)発売予定だ。

『EDENS ZERO』(真島ヒロ)
師の後を継いだホムラがシルフと激闘を繰り広げる一方で、シキとレベッカたちはワイズからドラッケン・ジョーの秘密を聞かされる。それによればドラッケンは50年以上前から外見が変化していない「不死者」らしいが、それならレベッカの時間遡行能力を求めるのはなぜ!?

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】

DAYS(安田剛士)
ダイヤのA act.II(寺嶋裕二)
化物語(大暮維人/西尾維新)
川柳少女(五十嵐正邦)
ドメスティックな彼女(流石景)
EDENS ZERO(真島ヒロ)
カッコウの許嫁(吉河美希)
東京卍リベンジャーズ(和久井健)
彼女、お借りします(宮島礼吏)
生徒会役員共(氏家卜全)
カノジョも彼女(ヒロユキ)
ヒットマン(瀬尾公治)
ランウェイで笑って(猪ノ谷言葉)
炎炎ノ消防隊(大久保篤)
XEVEC(bose/下内遼太)
それでも歩は寄せてくる(山本崇一朗)
オリエント(大高忍)
男子高校生を養いたいお姉さんの話(英貴)
はじめの一歩(森川ジョージ)
なれの果ての僕ら(内海八重)
死神サイ殺ゲーム(門馬司/大前貴史)
不滅のあなたへ(大今良時)

【コメント】
『ブルーロック』『あひるの空』はお休み。連載7周年を迎えて5月15日(金)に最新単行本が発売となる『DAYS』、そして最新単行本第21巻が発売中の『ダイヤのA』と、マガジンを代表するスポーツ漫画がトップ2を務める今号。看板・目玉作品はセンターにまとめ、3年半を完走した『川柳少女』がセンターカラーで有終の美を飾る。単行本最終巻の第13巻は6月17日(水)発売だ。