週刊少年ジャンプ 2020年18号(2020年3月30日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.18
●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
とうとう朝日が昇り始める。肉塊と化した無惨は太陽の明かりに焼かれ、灰になって消え去った──。生きている隊員は喜び涙するが、すぎにそんな場合ではないと察する。怪我人の手当という救護の仕事があるのだ。悲鳴嶋は自分に薬を使っても貴重なものが無駄になると言い、思い出とともに尽きる。伊黒と甘露寺はお互いに思いを打ち明け、次に人間に生まれ変わったら一緒になろうと誓った。そして炭治郎は……?!

●『Dr.STONE』(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
千空が勝利したカジノの中に、新しくバーが開設された?!フランソワが各自に合わせたカクテルを作ってくれるという。千空に必要なものがあれば言えと言われ、すべてを手に入れたフランソワは、本当に相手によってさまざまなカクテルを作り出した。おもてなしの求道者であるフランソワは、そう多くない材料の中からさまざまなカクテルやソフトドリンクを作り出す。アメリカまでの40日を過ごすために──!!

●『ブラッククローバー』(田畠裕基)
窮地に陥っていた黒の暴牛のアジトに、団長のヤミが帰ってくる!スペードの悪魔憑きに対して、闇魔法で対抗して追い詰めていくが、「君はこの世界と冥府を繋ぐ鍵だ」と言われる。名乗りもしないのに名前を知られていることで相手をストーカー呼びするヤミだったが、黒の暴牛には「冥域」と呼ばれる存在が集まっていると言われてさらにブチ切れる。「誰一人やれねーな」と切り裂いた一閃は──?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
鬼滅の刃(吾峠呼世晴) <巻頭カラー>
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
チェーンソーマン(藤本タツキ)
ハイキュー!!(古舘春一)
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
マッシュル-MASHLE-(甲本一)
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ) <センターカラー>
アンデッドアンラック(戸塚慶文)
呪術廻戦(芥見下々)
ミタマセキュ霊ティ(鳩胸つるん) <センターカラー>
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
ブラッククローバー(田畠裕基)
AGRAVITY BOYS(中村充志)
魔女の守人(坂野旭)
銀杏ガールズ(宮崎周平) <特別読切>
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
ZIPMAN!!(芝田優作)
《休載》
ONE PIECE(尾田栄一郎)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
とうとう無惨を倒した『鬼滅の刃』だが、この後どうなっていくのか気にかかる。まさかの選択をした『約束のネバーランド』や『僕のヒーローアカデミア』にも注目したい。打ち上げとなった『アクタージュ act-age』は人気投票の発表もされている。謎の買い物体験をする『夜桜さんちの大作戦』にはほっこり。『ZIPMAN!!』はそろそろケリがつきそうな展開になっている。