週刊少年ジャンプ 2020年10号(2020年2月3日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.10
●『魔女の守人』(坂野旭)
2020年新連載第3弾は、魔女と騎士の物語。魔物から守るために「魔女」をコントロールし、人間の騎士は平和ボケしている世界で、ファフナは自分の力で魔物を消し、魔女に頼らない世界を作りたいと考えていた。しかし、魔女の存在の本当の理由を教えられ、ファフナは躊躇する。自由に一人で外出することもままならない魔女の言葉に、ファフナは考えを変えて──!?

●『Dr.STONE』(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
イバラとの心理戦、頭脳戦、体力戦を交え、唯一石化を解かれた龍水がドローンで石化装置のキャッチに挑む!しかしイバラはしつこく狡猾で、なかなか石化装置を奪えない千空。しかし秒を数える正確さには自信のある千空は、ここぞというタイミングで引き合っていたロープを手放す!傲る者こそ失敗すると言うイバラだったが、それはまさしく彼自信の慢心によって証明される!!

●『AGRAVITY BOYS』(中村充志)
宇宙船内でモノが次々となくなる事件が発生。ババのパンツから食事の材料、さっき置いたばかりのコップまで。これは侵入者がいる可能性が高いと踏み、例の「高次の者」ではないことを確認して、4人は捜索にかかる。成体スキャンをかけながら各部屋を回ると、ある部屋で小さな反応が。子供サイズのものだと考え、怖がらせないようになだめるクリスだったが──サガの情報ではババ規模の大きさの何かだという?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
魔女の守人(坂野旭) <巻頭カラー> <新連載>
ONE PIECE(尾田栄一郎)
鬼滅の刃(吾峠呼世晴)
ハイキュー!!(古舘春一)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
アンデッドアンラック(戸塚慶文) <センターカラー>
チェーンソーマン(藤本タツキ)
マッシュル-MASHLE-(甲本一) <センターカラー>
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
AGRAVITY BOYS(中村充志)
ミタマセキュ霊ティ(鳩胸つるん)
ブラッククローバー(田畠裕基)
ZIPMAN!!(芝田優作)
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
呪術廻戦(芥見下々)
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
サムライ8 八丸伝(原作:岸本斉史 作画:大久保彰)
《休載》
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
新連載第3弾がスタートし、新年度の新連載が揃った。果たしてどの作品が長く残れるだろうか?最近奮わない『ゆらぎ荘の幽奈さん』や『サムライ8 八丸伝』が気になるところだが、今号では『呪術廻戦』も大きく掲載順位を落とした。入れ替わりが激しい模様だが、切磋琢磨して盛り上げていって欲しいものだ。