週刊少年マガジン 2020年9号(2020年1月29日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no09
『カッコウの許嫁』(吉河美希)
産まれてすぐに取り違えられたと知らないまま、血の繫がらない家の子として16年間育てられてきた海野凪。つい最近事実が判明して実の両親に対面することになったものの、実の子も育ての子もどちらも大切という両家の親は、海野家の本当の娘・エリカと凪を婚約させてしまった。だが凪にはすでに好きな子がいて!? 吉河美希の新連載スタート。

『なれの果ての僕ら』(内海八重)
くじで選ばれ毒を飲んだクラスメートを救うため、次に選ばれた者が毒を飲む「毒のリレー」。クラスの隠された人間関係が暴露されていく中、ついに2人目の死者が…!!

『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
クラウドファンディングをSNSでRTする代わりに、海が出した条件はちづるとの観劇。ちづるのためと送り出した和也だが、本心は気が気ではない。案の定、海はちづるに「彼女と別れた」と意味深な発言をして…!?

■掲載順チェック!

【今号の掲載順】
カッコウの許嫁(吉河美希)
ランウェイで笑って(猪ノ谷言葉)
DAYS(安田剛士)
男子高校生を養いたいお姉さんの話(英貴)
ブルーロック(金城宗幸/ノ村優介)
なれの果ての僕ら(内海八重)
五等分の花嫁(春場ねぎ)
ドメスティックな彼女(流石景)
線は、僕を描く(砥上裕将/堀内厚徳)
それでも歩は寄せてくる(山本崇一朗)
ダイヤのA act.II(寺嶋裕二)
化物語(大暮維人/西尾維新)
オリエント(大高忍)
生徒会役員共(氏家卜全)
彼女、お借りします(宮島礼吏)
死神サイ殺ゲーム(門馬司/大前貴史)
ヒットマン(瀬尾公治)
川柳少女(五十嵐正邦)
東京卍リベンジャーズ(和久井健)
EDENS ZERO(真島ヒロ)
ネクロマンス(堂本裕貴)
不滅のあなたへ(大今良時)

【コメント】
『はじめの一歩』『炎炎ノ消防隊』『七つの大罪』『あひるの空』はお休み。
昨年のよみきりアンケートで好評を博し、みごと連載を勝ち取った『カッコウの許嫁』が巻頭カラーをつとめる。1話めにして早くもよみきり版のラストを超えた展開で続きが楽しみだ。
その他の掲載順は単行本7巻が発売中の『ブルーロック』、連載3回目の『なれの果ての僕ら』など、注目作が本誌中央で目を引くように計算された配置となっている。