週刊少年ジャンプ 2020年6・7合併特大号(2020年1月4日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.06・07
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
なんと!あの嵐との奇跡のコラボが実現した!!巻頭カラーで麦わらの一味と一緒に船に乗っているメンバーは、びっくりするほどそっくり!!『ONE PIECE』のアニメ20周年記念と、嵐のデビュー20周年を機に、コラボMV制作が決定した。世界最速でMVのラフ画も一部公開され、どうやっても面白くなりそうな予感しかしない!!アニメ版・嵐にも期待大だ!!

●『アクタージュ act-age』(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
三蔵法師に扮した白石の背後に見える花子の姿に、夜凪は何のために芝居をしているのかを見失いそうになる。そして、観客は気付かないが役者なら気付くようなレベルで、夜凪は「芝居を投げかけた」のだ。一瞬欠落した集中をすぐに取り戻したのはさすがだったが、他のメンバーがどうにかしなければ芝居は崩れていくだろう。そこで白石が演じた三蔵法師は──?!

●『チェーンソーマン』(藤本タツキ)
マキマに江ノ島に行こうと誘われた早川一行。マキマと旅行なんて夢のようだと、生きててよかったランキングに数えるデンジだったが、急に大勢の部下が入ってくる。マキマに何かをささやき、テレビをつけたところ、そこにはチェーンソーの悪魔になって戦っているデンジの姿。被害が大きすぎて、公安の報道規制を止められなかったらしい。レゼは最後の仕事だけは果たした……とマキマは呟き、デンジの危機を語る!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
ONE PIECE(尾田栄一郎) <巻頭カラー>
鬼滅の刃(吾峠呼世晴)
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
呪術廻戦(芥見下々) <センターカラー>
AGRAVITY BOYS(中村充志)
ハイキュー!!(古舘春一)
狐日和の紺次郎(藤巻忠俊) <センターカラー> <読切>
チェーンソーマン(藤本タツキ) <センターカラー>
ZIPMAN!!(芝田優作)
ブラッククローバー(田畠裕基)
お兄タマは猫じゃニャい!(内山貴) <特別読切>
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
ミタマセキュ霊ティ(鳩胸つるん)
サムライ8 八丸伝(原作:岸本斉史 作画:大久保彰)
《休載》
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
20周年同士ということで、『ONE PIECE』と嵐が共演するMV制作とは、本当に夢のような企画だ。早く見てみたい。珠世の残した薬で持ち直した『鬼滅の刃』、人間の裏切りによって鬼が立て直した『約束のネバーランド』が、対照的で面白い。珍しい五条ピンチの『呪術廻戦』は続きが気になるところ。読切『狐日和の紺次郎』で本誌に登場した藤巻忠俊先生は、時代モノという初ジャンルに挑戦している。今号も合併号のため、次号は1月20日(月)発売だ!!