【野球特集:前編】ちばあきお先生が描いた伝説の野球マンガ『プレイボール』

メジャーでも活躍されたイチロー選手や田口壮選手が少年時代読んでいた野球マンガこそ、今回ご紹介する『プレイボール』であり、【後編】で紹介する『キャプテン』です。

中学野球を舞台として個性の異なるキャプテンを主人公にした『キャプテン』、そのスピンオフとして高校進学後の活躍を描いた『プレイボール』は、プロ野球選手にも強い影響を与えている作品で、今なお根強い人気があります。

連載終了から長年経っていることもあり、ご存じない方も多いのではないかと思いますので、軽くあらすじを紹介していきましょう。

主人公・谷口タカオは、中学時代に青葉学院に勝って全国制覇を成し遂げるも、そのときの無理がたたって指が曲がったままとなってしまいました。そのため、進学後は野球部ではなくサッカー部へと入部。

サッカー部でも努力を重ね、ついにはレギュラーを勝ち取るものの、野球への情熱は捨てきれませんでした。その思いを汲んだサッカー部の主将相木が野球部主将の田所に話を通し、ついに入部が許可されます。

入部した野球部は万年1回戦負けの弱小チームで、大会前なのに、まったく相手のことも調べようとしない有様でした。しかし、そんな中でも諦めない精神を発揮。先輩や同級生の支えもあって徐々にチームは強くなっていきます。

さらに、中学時代の後輩やかつてのライバルたちも入部して、ついには甲子園も夢ではないところまで押し上げた谷口の奮闘を描いた物語です。

野球をテーマにしたマンガというのは、『プレイボール』以前にもありました。古くは『巨人の星』や『ちかいの魔球』、『ドカベン』などが有名ですね。これらの作品には、魔球を操る投手や才能豊かなスーパースターが登場しています。

それに対して、ちばあきお先生の作品は徹底的に人間臭さにこだわりました。実際、この2作品にはスーパースターも、魔球を操る投手も出てきません。下町にあるごく普通の公立学校を舞台にしていることもあり、主人公もどこかにいそうな雰囲気の少年です。

『プレイボール』は、部員が努力する姿勢、練習内で生じる葛藤などの人間心理、それらの上に成り立つ白熱の試合シーン……この3つをひたすらに描くことの繰り返しなのです。

そのため、かなり地味と感じる人もいたかもしれません。しかし、とにかくひとつひとつのシーンが丁寧に描かれており、「次はどうなっていくのか?」と次の展開に興味がわいてくる。そんな魅力がありました。

また、脇役も徹底的にその人間臭さにこだわり、現実世界でも起こりそうなことを物語にするちばあきお先生のストーリーメイキング力は、連載終了から40年以上たった今でも新鮮です。

このように多くの人から支持された『プレイボール』でしたが、当時は月刊少年ジャンプ上で『キャプテン』を同時に連載しており、「続けるには精神的負担が大きい」という理由で78年に連載を一旦終了。

最終回は、強豪との練習試合で惨敗。歯を食いしばりながら走って学校に帰り、練習を再開する場面が描かれています。しかし、「墨谷の甲子園への道は遠くはない」で締められており、希望の持てる最終回となっていました。

連載終了後も続編を望む声は根強く、その後を描く構想はあったものの、その後1984年に作者が急逝。その後の構想については藪の中でした。

しかし、作者の遺族とグランドジャンプ編集部との協議でリバイバル企画が持ち上がります。この決定によって、同作品のその後を描くこととなり、少年時代大ファンだったコージィ城倉先生が『プレイボール2』として連載することが決定。2017年から連載がスタートしました。

続編の『プレイボール2』については、【後編】に続きます。

→ 【野球特集:後編】はこちら

【作品データ】
・作者:ちばあきお
・出版社:集英社
・刊行状況:全11巻