週刊少年マガジン 2020年2・3号(2019年12月11日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no02
『七つの大罪』(鈴木央)
魔神王との激闘にも終止符が打たれ、ようやくブリタニアに平和が訪れた。七つの大罪の面々もそれぞれの幸せを掴んだ中で、唯一その真意を明かさなかった<暴食の罪>マーリンが望むのは、アーサーの復活と混沌の時代の到来だった!!新章スタート!!

『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
ファーストルックはショーのスペシャルコレクションを象徴する存在。それを賭けた勝負と知らないまま、同じ服を着てセイラと並んだ千雪は、独自の解釈でテルミの心を掴む。テルミの怒りも解けて、千雪と育人に新たな試練が待ち受ける!!

『EDENS ZERO』(真島ヒロ)
シキたちが水に変えられ、残されたワイズただ一人がラグナに立ち向かう。アーセナルの力でで勝利を収めたのも束の間、狙撃者の弾丸がワイズを貫いた!!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】

七つの大罪(鈴木央)
ダイヤのA act.II(寺嶋裕二)
はじめの一歩(森川ジョージ)
生徒会役員共(氏家卜全)
死神サイ殺ゲーム(門馬司/大前貴史)
ランウェイで笑って(猪ノ谷言葉)
東京卍リベンジャーズ(和久井健)
川柳少女(五十嵐正邦)
ブルーロック(金城宗幸/ノ村優介)
彼女、お借りします(宮島礼吏)
線は、僕を描く(砥上裕将/堀内厚徳)
EDENS ZERO(真島ヒロ)
HERO’S(真島ヒロ)
ヒットマン(瀬尾公治)
DAYS(安田剛士)
炎炎ノ消防隊(大久保篤)
それでも歩は寄せてくる(山本崇一朗)
ネクロマンス(堂本裕貴)
巨竜戦記(本田真吾)
男子高校生を養いたいお姉さんの話(英貴)
五等分の花嫁(春場ねぎ)
オリエント(大高忍)
ドメスティックな彼女(流石景)
化物語(大暮維人/西尾維新)

【コメント】
巻頭カラーは新章に突入した『七つの大罪』。『はじめの一歩』『ダイヤのA』といった中堅作品がそれに続く。中盤を盛り上げるのは先週からスタートした『死神サイ殺ゲーム』、TVアニメの放映が近い『ランウェイで笑って』などで、今号は旬の作品や話題作を中盤から後半にかけても分散させた配置に。