週刊少年ジャンプ 2019年50号(2019年11月11日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.50
●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
鬼舞辻無惨に対して、初めて「生き物」の冷たい気持ちを持った炭治郎。頚を斬っても死なない無惨を、なんとか太陽の下に引きずり出さなければならないのだが、柱が揃うのを待ちながら夜明けまで戦い続けられるのか?少しでも有益な情報を引き出して共有し、それまでは生き残るという計画は見破られている。しかも、伊黒と甘露寺は死んだと聞かされて……しかしそこに現れたのは?!

●『チェーンソーマン』(藤本タツキ)
デンジを追って本部まで来たレゼ。心臓と腸にカビを生やし、それも効果はあったものの、レゼは自ら首を落とす。しかし2つに別れた頭と身体は、各々が攻撃を持ち爆破してくる。首から身体が再生し、胴体は爆発物となり人間たちを巻き込んでいくが──?なんとかデンジを連れて逃げることを任されたアキは、車を発進させようとしたところに、未来の悪魔から頼みもしない未来を見せられ……?!

●『ビーストチルドレン』(寺坂研人)
とうとう空が体験入部にやってきた!夏休みからラグビーを始めるのは無謀だったが、「どんなゲームも100時間プレーする流儀」のゲーマーの空は、普段は体育も嫌がるくせに、桜に感化されていた。いつも見に来ているから知っている部員が大半だったが、留学生の同級生もいことに気づき、やや及び腰になる空。しかし「ちゃんと向き合わないと失礼」という桜の言葉に──?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
鬼滅の刃(吾峠呼世晴) <巻頭カラー>
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
ハイキュー!!(古舘春一)
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
ブラッククローバー(田畠裕基)
チェーンソーマン(藤本タツキ) <センターカラー>
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
呪術廻戦(芥見下々)
誓約の紅(かかずかず) <センターカラー> <特別読切>
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
夜桜さんちの大作戦(権平ひつじ)
神緒ゆいは髪を結い(椎橋寛)
ミタマセキュ霊ティ(鳩胸つるん)
ふたりの太星(福田健太郎)
サムライ8 八丸伝(原作:岸本斉史 作画:大久保彰)
トーキョー忍スクワッド(原作:田中勇輝 漫画:松浦健人)
ビーストチルドレン(寺坂研人)
Dr.STONE reboot:百夜(稲垣理一郎 Boichi)
《休載》
ONE PIECE(尾田栄一郎)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)

【コメント】
特別読切第2弾で『誓約の紅』が登場。兄弟の絆の物語は胸を熱くする。乱闘に入って後がなくなった『Dr.STONE』は、いよいよ最後の手段を使う!最終章が盛り上がる『ハイキュー!!』も面白い展開になってきた。『約束のネバーランド』も目が話せない状況が続き、『アクタージュ act-age』は次のシーンへ。下位掲載陣からやや浮上した『神緒ゆいは髪を結い』は、鍵斗が本当の鍵になるか?!どの作品も期待が高まる!!