週刊少年マガジン 2019年49号(2019年11月6 日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2019WM_no49
『五等分の花嫁』(春場ねぎ)
母親の背中を追いかけて教師になる夢を抱いた五月だが、成績が現実をつきつける。そんな彼女の前に現れた一人の男性は、母の恩師であり、元・同僚であり、そして元・夫、つまり五つ子の父親だった!?最新単行本第12巻と『キャラクターブック 一花』が11月15日(金)に同時発売。

『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
照美に繋がるためのつてを探す美依が辿り着いたのは、柳田のショーで自分の靴を履いていた千雪だった!柳田から育人と千雪の関係を伝えられた美依は、いくつもの縁を繋げて照美に辿りつけるのか!?最新単行本第13巻が11月15日(金)に発売。

『線は、僕を描く』(砥上裕将/堀内厚徳)
学園祭が始まり、霜介たち水墨画サークルはそれぞれの作品を展示する。そこで霜介は、水墨に出会う前はただの他人だった古前が、遠くから自分を見守っていたことを知る。一方、学祭を見学に来ていた湖山は揮毫会を披露することになり……。単行本第2巻が11月15日(金)発売。

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】

五等分の花嫁(春場ねぎ)
はじめの一歩(森川ジョージ)
生徒会役員共(氏家卜全)
七つの大罪(鈴木央)
川柳少女(五十嵐正邦)
HERO’S(真島ヒロ)
EDENS ZERO(真島ヒロ)
ランウェイで笑って(猪ノ谷言葉)
それでも歩は寄せてくる(山本崇一朗)
DAYS(安田剛士)
オリエント(大高忍)
東京卍リベンジャーズ(和久井健)
ブルーロック(金城宗幸/ノ村優介)
彼女、お借りします(宮島礼吏)
線は、僕を描く(砥上裕将/堀内厚徳)
巨竜戦記(本田真吾)
炎炎ノ消防隊(大久保篤)
男子高校生を養いたいお姉さんの話(英貴)
ヒットマン(瀬尾公治)
ネクロマンス(堂本裕貴)
ドメスティックな彼女(流石景)
化物語(大暮維人/西尾維新)
不滅のあなたへ(大今良時)

【コメント】
最新単行本第12巻と、キャラクターブックの第一弾・一花編が来週末に発売となる『五等分の花嫁』がトップランナーを務める今号。センターカラーは、いよいよ修学旅行編がクライマックスを迎えた『川柳少女』。単行本第11巻が好評発売中だ。その他の掲載順は人気作、中堅作品を全体にまんべんなくシャッフルした配置。