free_2011122802

TVアニメ『SKET DANCE』のエンディングテーマを歌う中学生 3人組ユニット“ChocoLe”に直撃インタビュー【後編】

 現役中学生でもある“ChocoLe”のメンバー3人はどんなアニメや漫画に興味があるのか調査を実施!また、『SKET DANCE』の中で好きなキャラクターや、メンバーそれぞれの部活や委員会の思い出、今後の意気込みを伺いました。

──普段漫画を読んだりアニメを見たりしますか?

玉川さん:はい、私はジャンプアニメをよく見ます。『ONE PIECE』が大好きですし、『銀魂』や『こちら葛飾区亀有公園前派出所』、『DRAGONBALL』、『NARUTO-ナルト-』や『BLEACH』など、よく見ますね。男の子みたいなんです。女の子向けのアニメや漫画より、男の子向けの冒険やバトルの漫画が大好きなんです。

──橋本さんは漫画は読みますか?

橋本さん:漫画よりアニメを見るほうが多いですね。ただどちらかと言うと知らない方なので、未夢ちゃんにいつも教えてもらっています。

──高橋さんはいかがですか?

高橋さん:私は『君に届け』などの少女漫画をよく読みます。アニメも見ますね。朝早く起きて見たりします。

──『SKET DANCE』で好きなキャラクターは?

橋本さん:ヒメコです!大阪弁でしゃべる所がとてもかわいいですね。

高橋さん:ボッスンとスイッチに対するするヒメコのツッコミが激しくて、面白いです。

玉川さん:ヒメコとボッスンとスイッチの3人がみんなボケてみんなツッコんだりする、そのトライアングルが好きですね。

──ボッスン達は学園生活支援部こと「スケット団」に所属していますが、みなさんはなにか部活や委員会での思い出はありますか?

橋本さん:小学校の時は「野外クラブ」に入っていました!バーベキューしたり流しそうめんをしたりするクラブだったのですが、すごく楽しかったです。

高橋さん:給食委員会に入っていました。給食委員は早く給食を食べて給食室に行かないといけないのでちょっと大変でした(笑)

玉川さん:私は生活委員会に入っていたことがあったんですけど、朝のあいさつ運動が大変でした。冬も校門の前で立って登校してくるみんなに挨拶をしなければいけなくて、寒かったです。部活は美術部に入っています。私は絵を描くのが大好きで、静物画や風景画を描いたりします。体育祭など学校行事の時もいろいろ作ったりして、楽しいです。

──今回レコーディングは初めてだったんですか?

橋本さん:私は「アイドリング!!!」というグループをやっているので、以前にもレコーディングしたことがあります。

高橋さん:ChocoLeとしてのレコーディングは初めてで、テレビなどのレコーディング風景と一緒だったので、実際に自分が歌うときには「わ~本物だ!」と思いました。

玉川さん:私は初めてでした。スタジオに行ったら機械が本当に沢山あって、「放送室と全然違う!」とびっくりしました!

──これからどんなアイドルになっていきたいですか?

橋本さん:“ChocoLe”というユニット名は、チョコレートをイメージした造語なので、疲れた時にチョコレートを食べると疲れがとれるように、「ChocoLeの曲聴いたら元気になるなー」と思ってもらえるアイドルになりたいです。

高橋さん:チョコレートのように、ビターなかっこいい部分、甘くてかわいい部分など成長するに連れていろいろな一面を見せられるアイドルになりたいです。

玉川さん:幅広い世代のみなさんに愛されるアイドルになっていきたいと思います。

──最後に、『SKET DANCE』をご覧になっている皆さんや曲を聴いてくださっているみなさんにメッセージをお願いします。

橋本さん:「ミルクとチョコレート」は本当に覚えやすい曲なので、たくさん聴いていただいて色々なところで歌って欲しいです。そしてこれからも色々な方に好きになってもらえるよう3人でがんばりますので、応援よろしくお願いします!

高橋さん:ファンのみなさんと一緒に盛り上がれる曲なので、ぜひ一緒に歌って踊っていただきたいと思います!

玉川さん:曲はもちろんですが、私達メンバーにも色々な個性や意外な面が隠されているので、そういった部分も見て欲しいです。これからも温かく見守って応援していただければ嬉しいです!

──ありがとうございました。

■楽曲情報
ChocoLe「ミルクとチョコレート」
12月28日発売
CD+DVD ¥1,890
CDのみ ¥1,260
エイベックス・エンタテインメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>