嫁姑の拳 (秋田レディースコミックスデラックス)

世紀末最強主婦伝説『嫁姑の拳』

嫁姑の拳 (秋田レディースコミックスデラックス) 大人の女性をターゲットにしたレディース漫画誌、秋田書店の「エレガンス イブ」。そんな中でどういうわけか、少年チャンピオンと掲載誌を間違えたんじゃないの!?と叫びたくなるような嫁姑バトル漫画が連載されている。その名もどこかで聞いたことがあるような――『嫁姑の拳』である。

主役となる羽場さん一家は嫁姑&旦那に娘の四人暮らし。だが普通の家族とは大きく違う点が2つあった。まず姑が合気道、嫁がマーシャルアーツ(総合格闘技)の超達人ということ、そして何よりこの2人の仲が……とても悪いことだ。

基本的にどこからでも読める一話完結のエピソードで、展開はほぼこんな感じ(↓)。

 料理の味付けなど些細な理由で嫁姑が壮絶バトル
→旦那や幼い娘が部屋に入ってきてバトル中断
→日常シーンで悪人が登場
→嫁姑がタッグを組んで悪人退治!

まあそんな展開なわけだが、とにかく嫁姑によるバトル描写がすさまじい。飛び蹴りに関節技、クロスカウンターなんかは序の口。建物の屋根を飛び移り、自動車を破壊し、伐採し、銃弾を避け、巨大な鉄球を頭突きで跳ね返す……こんな少年バトルマンガ顔負けのアクションシーンがいたるところに散りばめられている。しかもレディコミ調のタッチで激しい戦闘が描かれ、絶妙のタイミングでギャグも挿入されるため飽きることがない。

熱湯をあびせたり、雑巾の絞り汁でお茶を淹れるといった陰湿なイジメはこの嫁姑の間に存在しない。ひたすら体育会系で、ケンカしても結局は仲直りして悪党を成敗する。いい意味でおバカな2人によるカラリと爽やかなバトル&コメディは何度読み返しても飽きずに楽しめる。男性ユーザーが多いインターネット中心に人気が沸騰したのも納得できる話だ。

掲載誌はメジャーとはいえないが、一部カルトな人気を誇るだけあって書店で手に取りやすい場所に並んでいることも多い。「難しい理屈抜きでゲラゲラ笑える漫画を読みたい」人には、男女をとわずオススメの逸品である。

【作品データ】
・作者:函岬誉
・出版社:秋田書店
・刊行状況:5巻まで(続刊)

【関連URL】
・作者公式サイト 函岬 誉のThe・ブログ
http://hakohoma.gjgd.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>