読めば癒やされハラも減る! 『荒野のグルメ』

飛び抜けた画力と絶妙な料理チョイス、独特のせりふ回しが読者の心をつかみ、実写ドラマ版も国内外で大ヒットしている『孤独のグルメ』。この人気タイトルに深い縁を持った漫画があるのをご存じだろうか? その名は『荒野のグルメ』。同じ久住昌之氏を原作者とする、いわば姉妹作である。

荒野といっても別にアメリカ開拓時代が舞台ではない。日本の商社に勤める48歳のサラリーマン・東森良介が主人公だ。仕事は多忙、いつも上司と部下の板挟み状態な東森。そんな彼は仕事帰りに、大都会という荒野の中で心やすらぐオアシス──なじみの飲み屋──を目指す。店のおかみさんは出しゃばらず料理上手で客への気配りも抜かりなし。そんな店で東森は酒を飲み、旬の食材を使った手料理に舌鼓を打ち、また翌日から戦うためのエネルギーを充填するのだ。

中年男性がうまそうにメシを食うというコンセプトこそ『孤独のグルメ』と共通だが、こっちの東森は勤め人、所帯持ち、酒好きで、社交性も備えたタイプ。あっちの主人公(井之頭五郎)のように迷惑客へ説教したり関節技をかけたりもしない。

失敗もしながら新しい店をどんどん開拓していく『孤独』側を“動のグルメ”とすれば、行きつけの飲み屋をホームとして癒やしを求める『荒野』側は“静のグルメ”といったところだろうか。おかみや他の飲み客、職場の部下たちとコミュニケーションを楽しむ姿もよく見られ、全体的に穏やかな作風となっている。

トラブルが少ないだけあって食事シーンは尺が長めで、料理と酒が組み合わせられるためバリエーションも豊富だ。なにより作画担当者は、うまい食べ物を描かせたら業界屈指の土山しげる氏。読めば誰でも間違いなくお腹がグーグー鳴る、今風に言うなら見事な「飯テロ」作品に仕上がっている。『孤独のグルメ』ファンはもちろん『ワカコ酒』『幸腹グラフィティ』『ラーメン大好き小泉さん』などの、幸せな顔で食事するキャラクターが好きな人には文句なしにおすすめしたい逸品だ。

【作品データ】
・原作:久住昌之 作画:土山しげる
・出版社:日本文芸社
・刊行状況:3巻まで

ビューン漫画コラム用ヘッター個人用01   ビューン漫画コラム用ヘッター店舗用02

※記事掲載時において本作品は「ビューン読み放題スポット」でご覧いただけますが、今後変更となる場合もございます。