週刊少年ジャンプ 2018年27号(2018年6月4日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2018.27
●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
連載2周年突破記念巻頭カラー!刀鍛冶の里に敵襲が来て、各一族の当主と柱のための刀を守れと警鐘が鳴り響く。刃物のように鋭い爪を持つ化物は、多くの里の民の命だけでなく、常駐で警護していた鬼殺隊員たちの命まで奪っていく。優れた技術を持つ刀鍛冶を死なせるわけにはいかないと、そこへ遅ればせながら現れたのは、恋柱・甘露寺!ムチのような刀を使い、化物を倒していく!一方、炭治郎の刀は禰豆子の血で燃え上がり──?!

●『ブラッククローバー』(田畠裕基)
唯一ユノだけが人間の意識を保っていられる、妖精のかけた転生魔法。しかし、それは単純な妖精たちの希望ではないようで……?アスタは村長を救うために、以前は毒を治癒できた「断魔の剣」を試すが、あの時とは状況も魔力も違う。しかし、突如アスタの魔導書の中から現れたのは、魔宮でリヒトが抜刀して勝手に入っていた剣。それは強大な「じゃじゃ馬感」のある剣で、「結果そのもの」を奪い取る力があるようだ。ユノもアスタ同様、まるでエルフが救いを求めているように見えて──?!

●『アクタージュ act-age』(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
ようやく台風が過ぎ去り、失った1日半分の、8シーン42カットを、残り10日で取り戻さなければならなくなった撮影班。ところが、まるで彼らを邪魔するかのように、再び大きな台風が撮影現場となる島に上陸する予報に戦慄する。スタッフの誰もがもう無理だと思っていたが、夜凪も千世子も台風の中での撮影をこなす気は満々だ。千世子の本当のスター魂を知った夜凪は、失敗の許されない一発撮りを、必ず成功させると誓うが……!?

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
鬼滅の刃(吾峠呼世晴) <巻頭カラー>
ONE PIECE(尾田栄一郎)
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
ハイキュー!!(古舘春一)
ブラッククローバー(田畠裕基)
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか) <センターカラー>
銀魂(空知英秋)
食戟のソーマ(原作:附田祐斗 作画:佐伯俊)
紅葉の棋節(里庄真芳)
BORUTOーボルトー(原作・監修:岸本斉史 漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京) <センターカラー>
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
キミを侵略せよ!(稲岡和佐)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平)
火ノ丸相撲(川田)
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
ノアズノーツ(池沢春人)
呪術廻戦(芥見下々)
ROBOT×LASERBEAM(藤巻忠俊)
ジガ-ZIGA-(原作:佐野ロクロウ 漫画:肥田野健太郎)
《休載》
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)
ワールドトリガー(葦原大介)

【コメント】
前号で告知されていた『鬼滅の刃』の超重大発表とは、案の定TVアニメ化の決定だった。一足先にアニメ化を告知した『約束のネバーランド』といい、まだ連載の浅い作品のTVアニメ化が目立ってきたように思う。待機作品だけでも、『ゆらぎ荘の幽奈さん』や『火ノ丸相撲』があり、現在放送中の作品も含めると、ジャンプアニメまみれのようにも感じる。連載終了はまだ先になるはずなので、アニメではオリジナルエンドもあり得るし、「第◯期」と続いていくことも予想される。ひとまず付録の「鬼滅奇譚百景」を読み込んで、アニメに備えよう!!