オトナは必読!第2の黄金期を迎えた『キン肉マン』新シリーズ

【新章あらすじ】
ダメ超人と呼ばれながらも数々の死闘を勝ち抜き、キン肉星の王位に就いたキン肉マン。その後、いがみ合う必要のなくなった正義超人・悪魔超人・完璧超人は和解して不可侵条約を結ぶことになった。だが調印式を終えて間もなく、天から正体不明の超人たちが来襲。条約に調印したネプチューンマンを認めず、我らこそ「真の完璧超人」として条約の無効を主張、さらに正義超人たちへの粛清を開始した。これを迎え撃つべく再び戦いの場に戻ったキン肉マンたち。そこへ悪魔超人も参戦し、新たなバトルが始まった――!

【みどころ】
昭和時代に漫画・アニメ・キン消しで大ブームを巻き起こし、全36巻をもって完結した『キン肉マン』。その後に次世代の超人たちを描いた『キン肉マンⅡ世』連載を挟み、再びオリジナル世代を主役に据えた『キン肉マン』シリーズがウェブ連載されている。これが非常におもしろく高評価を得ているので今回紹介したい。

旧単行本のナンバリングを引き継いで38巻から正式に再スタート(37巻は短編集)した新シリーズは、王位争奪編の1年半後が舞台。作中ではまだまだ20世紀ということだ。

リアル時間では連載再開までに24年の時間が過ぎ、当時ファンだった読者も成長している。それに合わせたのか『キン肉マン』のストーリーもやや大人向け路線となった。単なる「勧善懲悪」から「イデオロギーの対立」を描く路線に進化した、と言えるだろうか。

新たな敵はストロング・ザ・武道(本名は別にある)が率いる完璧超人。正義超人や悪魔超人を下等超人と蔑む一方、「下等超人のように堕落しないため常に自分たちは完璧であることを追い求める。味方であれ戦いに敗れた者には自害を命じる」という苛烈な主張を唱えている。他者にも自身にも厳しい超人集団だ。

悪魔将軍が統率する悪魔超人は「下等と呼ばれる超人の中にこそ新たな進化のヒントがある」として、完璧超人に真っ向から対立する。ちなみに悪魔将軍は完璧超人のボスと数億年にわたる因縁があり、この敵意と敬意と友情が混じり合った奇妙な関係性も見どころの1つである。

キン肉マンたち正義超人は「戦いを通じてこそ得られる絆がある。敗けたから自害させるという考え方は間違っている」と、悪魔超人とは別の考えから完璧超人と戦うことを決める。

悪魔超人と正義超人は主義の違いもあって完全な味方同士ではないが、結果的には共通の敵に対抗するため力を合わせる形になる。また、完璧超人の言い分も過激ではあるが、私利私欲のため戦っているわけではない。つまり誰かが明確な悪というわけでなく、それぞれの超人勢力にそれぞれ「大義」があるということで、新シリーズのキモはここにあると言っていい。

その昔にジャンプ少年だった読者は大人になり、「悪人がいなくても考え方の違いだけで争いは起きる」ことを人生経験から学んでいる。従来のド派手な必殺技、友情パワー、火事場のクソ力といった人気要素に加え、イデオロギー対立を組み込んだ深いストーリー構成が『キン肉マン』をさらにおもしろくした。ネットのレビューサイトやSNSでも非常に読者からの評価は高く、毎週月曜日に「週刊プレイボーイ web comic」で最新話が配信されるのを心待ちにしている声が多く聞かれる(現在は完璧超人との戦いを終えて次なる新章が連載中)。

あいかわらず設定の齟齬や後付けはあるが、もはやそれは『キン肉マン』の伝統芸。細かい矛盾など熱すぎる超人バトルや次々と飛び出す名言の前には気にならないレベルだ。新シリーズから読み始めても十分に楽しめるのでハードルは低く、大人になった「かつての漫画少年」にこそ読んで欲しい傑作である。

【作品データ】
作者:ゆでたまご
出版社:集英社
刊行状況:62巻まで(新シリーズは38巻~)