週刊少年ジャンプ 2018年17号(2018年3月26日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2018.17
●『僕のヒーローアカデミア』(堀越耕平)
文化祭を必ず開催し、エリを喜ばせるために、デクは単身でジェントル・クリミナルに挑む!触れたものに弾性を付与するというジェントルの個性は、空気さえ壁やトランポリンにしてしまうため、そんな彼にデクは近付くことさえできない。しかし、これまでにエリやクラスの仲間たちが掛けてくれた言葉や努力を思い出し、冷静に考えていくと、一筋の光が見えてくる。皆の想いに応えるために、必ずジェントルを足止めするのだ!!

●『Dr.STONE』(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
唐突に「携帯電話を作る!」と言い出した千空。そのしくみなど、知能指数の高い話をしながら、まず最初に作るのは……わたあめ機!!ゲンが内心激しくツッコミを入れているが、なるほど、わたあめを作り出す機械があれば、金の極細線が作れるとわかる。つまり、携帯電話に必要な電子機器の配線などの部品に使えるのだ。貴重な金で試すわけにもいかないため、実際にわたあめを作って村の人々に食べさせて成功を確信する。しかし実はそんな彼らを監視する者がいて──?!それでもわたあめは甘い!!

●『ぼくたちは勉強ができない』(筒井大志)
わかりやすい暗記方法が勉強になるなぁと感心しつつ、うっかり居眠りをしてしまう古橋。もちろん激怒されるが、意外にも桐須先生はきちんと自宅でも「先生」の仕事をしていた。寝不足続きの中、小テストを作成していたが、もうひと踏ん張りというところでノートパソコンがまさかのバッテリー切れ?!夢中になりすぎてデータの保存もできていなかったようで、徹夜で作成するハメに。それでも仕上げたものの、もう眠気はMAX!!どうする?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平) <巻頭カラー>
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
ONE PIECE(尾田栄一郎)
ハイキュー!!(古舘春一)
鬼滅の刃(吾峠呼世晴)
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか) <センターカラー>
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
呪術廻戦(芥見下々)
銀魂(空知英秋)
ノアズノーツ(池沢春人)
ブラッククローバー(田畠裕基)
ジガ-ZIGA-(原作:佐野ロクロウ 漫画:肥田野健太郎) <センターカラー>
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
食戟のソーマ(原作:附田祐斗 作画:佐伯俊)
BORUTOーボルトー(原作・監修:岸本斉史 漫画:池本幹雄 脚本:小太刀右京) <センターカラー>
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)
火ノ丸相撲(川田)
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
ROBOT×LASERBEAM(藤巻忠俊)
BOZEBEATS(平野稜二)
トマトイプーのリコピン(大石浩二)
《休載》
ワールドトリガー(葦原大介)

【コメント】
テレビアニメ第3期が4月7日(土)から放送開始の『僕のヒーローアカデミア』は、劇場版アニメのタイトルや上映開始日も決定!堀越耕平先生自身による総監修とキャラクター原案なので、非常に楽しみだ!4月4日(水)には、単行本最新第18巻も発売されるので、ますます人気が高まる予感。『鬼滅の刃』では、優しさのあまり突如として無謀な訓練に放り込まれることになりそうな炭治郎に期待が掛かる。背中に危機が迫っている『約束のネバーランド』や『ノアズノーツ』からも目が離せないし、『食戟のソーマ』では強気に出た創真の真価が問われることになりそうだ。かなり掲載順位を下げてしまった『BOZEBEATS』だが、新しい武器の投入で浮上なるか?!