週刊少年ジャンプ 2018年10号(2018年2月5日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2018.10
●『銀魂』(空知英秋)
最終章クライマックス&14周年突破記念巻頭カラー!虚との戦いが終わってから二年が経っていた。侍たちが守った江戸の空には再び異郷の船が飛び交い、街には異人が偉そうに歩いている。あの日、地球は一度滅び、そして共に生まれ変わったかのように思えた。時間をかけて以前の姿を取り戻しつつある江戸の風景も、何故か違う景色に見えてしまうのは何故だろう?──そんなことを考えている新八は、今は「たった一人」で……。

●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
互いに首だけになり、やがて消え失せようとしているのに、罵り合うことをやめない鬼の兄妹を見て、炭治郎はそっと「この世でたった二人の兄妹なんだから、仲良くしよう」と諭す。そして泣きながら消え去った妹を見て、妓夫太郎は幼い頃を思い返していた。生まれてくるだけで邪魔にされ、殺されそうになりながらも生き延びてきた。そして美しく気高い妹が生まれてからは、人生は良い方へと転がっていく気さえしていたのに──!?

●『青春兵器ナンバーワン』(長谷川智広)
本部に零一の正体がバレてしまい、エージは「ナンバーワン」を始末するように言い渡される。正直に零一に勝負を申し出るエージだったが、そこへ緊急事態発生!!MAPPO本部の部隊が全滅し、何者かに委員長がさらわれたのだ!自分はどうすればいいのか迷うエージに、かつての教官が「正義の形は一つではない」と背を押す。そして零一と協力して委員長の救出に向かうと、そこにはいつもの仲間がいた!!そして相対するは……?!

■掲載順チェック!
【今号の掲載順】
銀魂(空知英秋) <巻頭カラー>
ONE PIECE(尾田栄一郎)
約束のネバーランド(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
鬼滅の刃(吾峠呼世晴)
ブラッククローバー(田畠裕基)
僕のヒーローアカデミア(堀越耕平) <センターカラー>
アクタージュ act-age(原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ)
ハイキュー!!(古舘春一)
食戟のソーマ(原作:附田祐斗 作画:佐伯俊) <センターカラー>
BOZEBEATS(平野稜二)
Dr.STONE(原作:稲垣理一郎 作画:Boichi)
HUNTER×HUNTER(冨樫義博)
ぼくたちは勉強ができない(筒井大志)
斉木楠雄のΨ難(麻生周一)
火ノ丸相撲(川田)
青春兵器ナンバーワン(長谷川智広)
ゆらぎ荘の幽奈さん(ミウラタダヒロ)
ROBOT×LASERBEAM(藤巻忠俊)
フルドライブ(小野玄暉)
ゴーレムハーツ(大須賀玄)
トマトイプーのリコピン(大石浩二)
《休載》
ワールドトリガー(葦原大介)

【コメント】
ほぼフルメンバーでの連載陣が揃った今号。巻頭カラーの『銀魂』は、そこに至った経緯が気になる。旧友との勝負で圧倒的な強さを見せた『ブラッククローバー』の魔法帝は、やっぱりかっこいい!新連載の『アクタージュ act-age』や『BOZEBEATS』はまぁそれなりの位置なので、今後の展開が重要になってきそうだ。再び連載の形になった『斉木楠雄のΨ難』は、ここをどう乗り越えるのか?!次号は2月10日(土)発売となるので、発売日に注意しよう!