夏アニメ『ゆるゆり』感想

ゆるゆりvol.1(OPテーマ生徒会ver+音声ドラマ入りCD&ピンコレ第1弾:あかりPIN、ちなつPIN付き)【初回限定仕様】 [Blu-ray] 一迅社の「コミック百合姫」で好評連載中の『ゆるゆり』(なもり)のアニメが放送終了となりました。一言で表現すると「良い感じでまとめたなぁ」との感想です。

掲載誌の名前で分かるかもしれませんが、女の子同士の恋愛をメインテーマにしており、この『ゆるゆり』も例外ではありません。ただし他の作品に比べると、“百合”的な要素は薄めになっています。そんなところが良かったのか、掲載作品の中でも人気は上々らしいです。コミックスは7巻まで発売中。その他にアンソロジーコミックやアニメ化記念の増刊号なども発売されています。

物語は七森中学校の女の子4人が勝手に“娯楽部”を立ち上げ、対立?する生徒会の面々と賑やかな日常を過ごします。2年生の歳納京子(としのう きょうこ)と船見結衣(ふなみ ゆい)、1年生の赤座あかり(あかざ あかり)と吉川ちなつ(よしかわ ちなつ)がメインキャラクターです。そこに生徒会の杉浦綾乃(すぎうら あやの)や池田千歳(いけだ ちとせ)が絡んできます。薄めと言っても、百合漫画ではあるので、それぞれのキャラが両思いだったり片思いだったりします。

アニメはテレビ東京やAT-Xなどで、全12話を放送しました。漫画をベースに手堅くまとめながらも、アニメ独自の演出も加わっています。アニメと漫画と、どちらから入っても納得できると思います。『ゆりゆり』を見ていて思い出されたのが『あずまんが大王』です。もちろん共通点などはないんですが、楽しい雰囲気が思い起こさせたのかもしれませんね。

この他にもラジオ番組『ゆりゆららららゆるゆり放送室』やインターネットテレビ『ゆるゆりTV』もあります。その意味では一迅社として多面的に力を入れているようですね。アニメの反響も良かったようですし、2期へ期待しても良さそうです。また9月21日からDVDが順次発売されており、それに合わせてイベントも開催されます。特にDVD1巻に封入されているイベント抽選会参加券で参加できる「ごらく部運試しイベント大抽選会」はファンであれば、ぜひ参加したいところでしょう。9月30日23:59までの事前登録制となっていますのでお忘れなく。

【関連URL】
・一迅社『ゆるゆり』紹介サイト
http://www.ichijinsha.co.jp/special/yuruyuri/

・テレビアニメ『ゆるゆり』スペシャルサイト
http://yuruyuri.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>