現代社会で働く男が魅せる、生の喜び 『めしぬま。』

過労死、長時間残業、ブラック企業、低賃金、非正規雇用の増大など、現代日本社会のサラリーマンを取り巻く要素は相変わらず暗い。しかし彼らが毎日、癒しもなく、もくもくとストイックに働いているわけではない。その癒しの一例が食事だ。

『孤独のグルメ』(久住 昌之・谷口 ジロー/扶桑社)の一節に「誰にも邪魔されず、気を使わずものを食べるという(中略)行為こそが現代人に平等に与えられた、最高の『癒し』といえる」という至言がある。つまり、現代日本のサラリーマンが仕事の合間にとる食事は、単なる栄養摂取以上の大きな意義を持っているといえよう。

そんな人々のニーズに応えるかのごとく、漫画の定番的な題材にも「食事×社会人」という組み合わせがある。その中で話題になっている作品が『めしぬま。』だ。

本作は、無気力でさえないサラリーマン・飯沼(いいぬま)が飯を食うだけの漫画である。グルメ漫画的な要素や食のうんちくはない。本作のみどころは食事の時に飯沼が顔に浮かべる表情の一言に尽きる。

飯沼は、まるで恋人と逢瀬を楽しむがごとく、食べ物の細部まで目で愛撫(観察)し、その一部をうやうやしく口に運び自らの肉体と一体化させる(食べる)。そして「うんまぁ…」としみじみ至福にひたる。無心に飯を食うほどに恍惚としていく飯沼の表情は人間固有の本能そのものである。その顔に食堂のおばちゃんやその辺のOLは目を奪われるのだ。

日本社会では「食べる」という言葉は、たまに「働く」という意味で使われる。働くことと食べることは同じなのだ。一方、性と食も密接に関わっている。働くことと愉楽は食べることによってイコールで結ばれる。だからサラリーマン・飯沼が飯を食う時の表情が本能的なのも矛盾しない(はずだ)。

食も労働も愉楽もつまり「生への喜び」である。本作は世知辛い社会に生きるサラリーマンの喜びを、全く新しい視点と手法で描き出した異色の漫画といえる。

【作品情報】
・作者:あみだむく
・出版社:徳間書店
・刊行状況:2巻まで(続刊)