「今年も始まりました!」マンガ大賞2017開催へ

0001

マンガ好きたちが一番面白い作品を決める「マンガ大賞」がスタート。元旦から選考が開始していることが、公式サイトで明らかとなりました。

「マンガ大賞」は、書店員をはじめとするさまざまなマンガ好きの選考員たちの投票によって選ばれる賞。
2008年にスタートし、今年でついに10回目となります。

これまでの受賞作は以下の通り。

2008年『岳』石塚真一
2009年『ちはやふる』末次由紀
2010年『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
2011年『3月のライオン』羽海野チカ
2012年『銀の匙 Silver Spoon』 荒川弘
2013年『海街diary』吉田秋生
2014年『乙嫁語り』森薫
2015年『かくかくしかじか』東村アキコ
2016年『ゴールデンカムイ』野田サトル

「マンガ大賞2017」の対象となるのは、2016年1月1日から12月31日までに新刊の単行本が刊行された、 最大巻数が8巻までの作品。
ノミネート作品は、2017年1月中旬に、公式サイト上、並びに各メディアにて発表。そして、その後、二次選考が行われ、3月下旬に大賞が発表される予定です。

今年、「一番面白いマンガ」の栄誉に輝くのはどの作品なのか?今から注目ですね。

【関連URL】
マンガ大賞公式サイト
http://www.mangataisho.com/