週刊少年サンデー 2017年26号(2017年5月24日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0326
●『境界のRINNE』(高橋 留美子)
幽霊のオウムを捕まえたものの、オウムの口癖が気になって、成仏させることができないりんね達。偶然、元の飼い主を見つけたところ……。

カラーボールって、そんなに高くないんですけど、お礼が大福3個ではワリに合わないですよね。口に出さないりんねの本音をしっかりキャッチできるさくら。単なる恋心なのか、何らかの能力者なのか。

続きを読む

【ネタバレ感想】マエストロの暇つぶし【週刊漫画TIMES2017年1月20日号(2017年1月6日発売)~】

事件の鍵は音楽にあった!音楽教師甲本のメガネが光る

とある高校で音楽教師を務める甲本。彼の持ちうる音楽に対する深い造詣と、にこやかな笑顔に隠されていた鋭い洞察力と推理力が結びついた時、誰にも解決不可能と思われた謎が見事に解き明かされる。メガネ男子萌えには見逃せない新たな知的ヒーローがここに登場!

週刊少年ジャンプ 2017年25号(2017年5月22日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2017.25
●『斉木楠雄のΨ難』(麻生周一)
連載5周年突破記念表紙&巻頭カラー!!これまでの5年越え作品のすごさにも驚きつつ、なにげにすごいの仲間入りを果たした。そしてせっかくの記念に出てきたのが、以前連載していた『ぼくのわたしの勇者学』のキャラクターたち。カラーページだけの登場かと思えば、本編にも絡む絡む!むしろ斉木より出てないか?ってくらい出てる!果たしてせっかくの5周年、どう飾る?!

続きを読む

週刊少年サンデー 2017年25号(2017年5月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0325
●『隕石少女-メテオガール-』(石山 り~ち)
不意に少女の外見をしたロボットが降ってくる、原因不明の災害が発生。隕石少女(メテオ・ガール)と名付けられた災害への対策が進む中、主人公の自宅屋根に自殺したアイドルそっくりのロボットが突き刺さる。新連載。

いろいろ伏線がばら撒かれていますが、どこまで回収されるのか。もっとも人気次第でしょうね。さて、あれだけ落ちてくるなら、リサイクルすれば結構な資源になりそうと考えてしまいます。

続きを読む

週刊少年マガジン 2017年24号(2017年5月17日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
cover_2017WM_no24

●『ダイヤのA act.II』(寺嶋裕二)
1軍、2軍それぞれに大きな収穫を得た青道高校。3年生にとっては最後の大舞台となる夏に向けて、野球部の面々は各々の課題と向き合っていく。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2017年24号(2017年5月15日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2017.24
●『鬼滅の刃』(吾峠呼世晴)
連載1周年突破記念巻頭カラー!煉獄は5両もの客車を守り、伊之助は敵の急所を見つけた。善逸も禰豆子も戦っている。炭治郎もそんな中で運転席に乗り込み、伊之助とともに鬼の首の骨を見つけた。しかし切って頑丈な上、傷もすぐに再生されてしまう。二人は呼吸を合わせて連撃をしようとするが、操られていた運転手に炭治郎が刺されてしまい……それでも行け!幻に惑わされずに!

続きを読む

【ネタバレ感想】保安官エヴァンスの嘘~DEAD OR LOVE~【少年サンデー2017年4月26日号(2017年4月12日発売)~】

モテたい!名保安官の苦悩が解決する日はくるのか?

住民の尊敬を集めると同時に、多くの犯罪者が恐れる名保安官エルモア・エヴァンス。女性と一度も付き合ったことのない彼は、モテたい一心で今日も職務に励む。保安官だった父親の教えが次々に空振りする中、カワイイ女賞金稼ぎも登場して、エヴァンスの活躍から目が離せない!

【ネタバレ感想】摩擦ルミネッセンス【週刊漫画TIMES2017年2月17号(2017年2月3日発売)~】

生徒のお姉さんは好きですか?奇妙な三角関係がここに

進路が決まらない男子生徒を受け持つ高校教師の久本。家庭訪問をしたところ、両親を亡くした男子生徒の親代わりを務めてきた姉から、予想外の“おもてなし”を受けてしまう。違和感を覚えながらも、不思議な居心地の良さを感じた久本は、彼女との関係を続けて行く。

週刊少年サンデー 2017年24号(2017年5月10日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0324
●『キング・オブ・アイドル』(若木 民喜)
アイドル養成学校「NEMS(ネムズ)」に入学するための最終試験が開催。候補生となった5人の少女は、パフォーマンスが認められて全員合格。しかしその内の1人は少年でした。新連載。

風変わりな審査員に、意味ありげな「お母さん」のセリフ。いろいろ因縁がありそうです。いずれ明かされるんでしょうけど、『なのは』以上に続いてくれることを願います。

続きを読む