女の子はみんなやんちゃ?『Min2★パニック』で押しの恋を!

少女漫画で描かれるヒロインは、どことなく儚げな雰囲気で影があったりする。しかしこの『Min2★パニック』を含む3本の短編は、みんな強引で自分に正直な女の子が主人公だ。中国の水の妖精・珉珉、和服のミステリアスなイケメンの私生活を想像する裕子、藩主の娘なのに浪人に恋をする肝の座ったお姫様──みんな恋には積極的!

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2020年26号(2020年6月1日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.26
●『約束のネバーランド』(原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか)
目覚めるとそこは海──そして見える大きな街。念願の「人間の世界」にたどり着いた食用児たちだったが、一緒に喜んでいるはずのエマがいない?!まさか、やっぱり「代償はない」なんて嘘だったのか?エマが一人犠牲になったというのか?戸惑う家族たちだが、そんなことで立ち止まってはいられない。エマならきっと諦めない!ならば彼らもエマを探す!!

続きを読む

2006 まんが川柳

アジサイと 虹が彩る 散歩道

アジサイには花自体と花の色とで花言葉が別れています。
イラストのようなピンクは「元気な女性」、青は「辛抱強い愛情」、白は「寛容」。
このように色が変化することから花本体は「移り気」「無情」といった意味を持っているそうです。

性のことをもっと身近に知ることができるマンガ『性教育120%』

皆さんは「性教育」と聞くと、どのようなイメージを持ちますか?本来であれば保健体育で教わる分野ですが、あまり時間を割いて教えられることも少なく、誤解しているところもあるかもしれません。

そのため、本来であればみんなもっと知っておくべき性の知識が不足しているのが現状です。そんな性教育について描いた作品が、田滝ききき先生の『性教育120%』になります。 続きを読む

【ネタバレ感想】『トーキョーバベル』(花林ソラ/久世蘭)【週刊少年マガジン22,23合併号(2020年4月28日発売)~】

イメージの力を武器に謎の塔に挑め!!

一夜にして東京湾に出現した巨大な塔”バベル”。足を踏み入れて帰ってきた者はないバベルの中で目覚めた大牙は、イメージを実体化させる力を武器に頂上を目指す!! 『This Man その顔を見た者には死を』の花林ソラと久世蘭のタッグで送るサバイバル・バトル!!

週刊少年サンデー 2020年26号(2020年5月27日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0626
●『イケ田くん』(渥美 駿)
高校に入学した小川百恵(おがわ ももえ)。“変わろう”と決意しているところに、イケメンを自称するオーバーリアクションの同級生、池田重蔵(いけだ じゅうぞう)に出会い“イケメン部”の設立を目指す。新連載。

イケメン部の設立までにもひと騒動ありそうですが、果たしてこの2人について来る人はいるのでしょうか。黙って立ってれば、カッコイイ&カワイイ2人なんだけどなあ。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年26号(2020年5月27日)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no26
『カッコウの許嫁』(吉河美希)
凪とエリカの住む家に、突然幸が転がりこんできた。凪に対して、これまでと同じようにわがまま放題にふるまう幸だったが、本当は寂しかったのだと知った凪とエリカは……?待望の単行本第1巻が好評発売中。

続きを読む

70年代当時の熱がよみがえる『薔薇はシュラバで生まれる 70年代少女漫画アシスタント奮闘記』

1970年代初頭から1980年頃までは、「少女漫画黄金時代」です。この時代に連載を持っていた漫画家は、美内すずえ先生、くらもちふさこ先生、樹村みのり先生、三原順先生、山岸凉子先生などがいらっしゃいます。

執筆ペースの多少はあるものの、どの先生も今なお現役です。そんな彼女たちが70年代~80年代に描いた作品は固定ファンも多く、今なお読みつがれています。当時、アシスタントとして活動し、多くの作品が誕生した瞬間を見ていた笹生那実先生が描いたのが『薔薇はシュラバで生まれる 70年代少女漫画アシスタント奮闘記』です。 続きを読む

19番目の診療科、総合診療医の活躍を描く新しい医療マンガ『19番目のカルテ徳重晃の問診』

医療機関が標榜できる診療科目には、医療法による広告規制があります。これによると、大枠で表示できる診療科は「内科」や「外科」など18科目。さらに専門を示す「整形」や「美容」、「循環器」などの言葉を組み合わせて38科目まで拡大してきました。

しかし、あまりにも細分化してきたことで、特定の臓器・疾患に限定することなく多角的に診る部門が見直され、誕生した診療科目が「総合診療科(総合診療部門)」となります。そこに属する医師を描いた作品が、富士屋カツヒト先生の『19番目のカルテ徳重晃の問診』です。 続きを読む

キラキラした素敵なものを世界に発信したいから『ジェンダーレス男子に愛されています。』を激推し!!

【あらすじ】
人目を構わずにイチャイチャしていると、どうしても「バカップル」と言われてあまり良い目で見られない日本。そんな中で「永遠に見ていたいカップル」とネットで好評価を得たのが本書『ジェンダーレス男子に愛されています。』だ。

続きを読む