週刊少年マガジン 2020年7号(2020年1月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no07
『なれの果ての僕ら』(内海八重)
カリスマ的な魅力を持つ少年・夢崎みきおによる同窓会の呼びかけで集められた、小学校時代のクラスメイト25人。だがみきおの真意は、極限状態で人がどこまで善人でいられるか試すことにあった。取り壊し予定の旧校舎に監禁された少年少女の運命は!?『骨が腐るまで』の内海八重先生による新連載。

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年7号(2020年1月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0607
●『君は008』(松江名 俊)
ウサギ先生と行動をともにするエイト達。ウサギ先生の隠れ家を経て、レストランで食事をしていたものの、そこにも追っ手が変装して現れる。

エージェントの挙動に気づくとは、エイトも成長しつつあります。しかし100万円の支払いで「釣りはいい」ってのを一度言ってみたいものです。

続きを読む

【百合特集:第1回】思わず胸がキュンとなるOL百合『定時にあがれたら』

「職場に気になる人がいたことがある」という人は、意外と多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する『定時にあがれたら』は、そんなOLの恋模様を描いたオトナ百合の物語です。

(※)「百合」とは、女性の同性愛を意味する言葉。 続きを読む

ファンタジーSF『形而上のマリア』で不思議世界へトリップ!

駆け出し小説家の佐原晴彦は、恋人・真理子と新しい家に引っ越してきた。初めての小説が本になったお祝いにと、郊外の森の中にあるロッジのような家に住むことになる。その近くで出会ったマリアという15歳の少女は、まだろくに売れてもいない佐原を「先生」と呼び、学校の教科書に載っている作品や全集を見たとか、ありもしないことを言い出すが──?

続きを読む

週刊少年サンデー 2020年6号(2020年1月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0605
●『BE BLUES!~青になれ~』(田中 モトユキ)
プロチームのクニキータが内定を出した選手が判明。似たタイプの選手の登場に、表面上は冷静に対応する龍だったが、何やら思いを秘めて早朝のランニングに向かう。

全国大会での対戦が見ものですが、現時点では体格で劣っているだけに勝てるかどうか。しかし桜葉も結構成長している節が見られますね。ロイヤルストレートフラッシュに化けるのも遠くなさそうです。

続きを読む

週刊少年マガジン 2020年6号(2020年1月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2020WM_no06
『ランウェイで笑って』(猪ノ谷言葉)
育人たちがTGCのコレクションに向けて奮闘する一方、綾野遠は自身のブランドをアピールするためファッション雑誌のインタビューを受けていた。自分の軌跡を振り返り、遠は改めてアプロと育人への投資を燃やす。最新単行本第14巻が1月17日(金)に発売予定。

続きを読む

昭和生まれの超・怪作アクション『迷宮神話 はじけて!ザック』

昭和後期から平成中期にかけて「コロコロコミック」と並び、少年たちのハートをがっちり掴んだ漫画雑誌「コミックボンボン」。2007年に廃刊となるまで多くの作品を送り出してきた同誌だが、そんな中でも異彩を放つ超・怪作がある。今回は電子コミックとして蘇った伝説的なアクション巨編『迷宮神話 はじけて!ザック』を紹介したい。

続きを読む

【ネタバレ感想】AGRAVITY BOYS【週刊少年ジャンプ2号(2019年12月9日発売)~】

人類滅亡?!宇宙の惑星に残された少年4人はどうする?!

リーダー系、インテリ系、ゴツイ系に加えて、少女系男子の4人が宇宙に出たまま地球に似た惑星に辿り着く。「高次の存在」を名乗るモノに不思議なアイテムを押し付けられるも、理性と戦いながら自我を守る…というほど立派なものではない、ツッコミどころ満載のゆる〜いSF譚!

週刊少年ジャンプ 2020年6・7合併特大号(2020年1月4日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2020.06・07
●『ONE PIECE』(尾田栄一郎)
なんと!あの嵐との奇跡のコラボが実現した!!巻頭カラーで麦わらの一味と一緒に船に乗っているメンバーは、びっくりするほどそっくり!!『ONE PIECE』のアニメ20周年記念と、嵐のデビュー20周年を機に、コラボMV制作が決定した。世界最速でMVのラフ画も一部公開され、どうやっても面白くなりそうな予感しかしない!!アニメ版・嵐にも期待大だ!!

続きを読む

【野球特集:後編】38年ぶりによみがえった高校野球マンガの最高傑作『プレイボール2』

→ 【野球特集:前編】はこちら

野球マンガの傑作『プレイボール』は、連載終了から40年経った今も根強いファンがいる作品のひとつ。それは、21世紀に入ってアニメ化されたこと(2005年~2006年)からも明らかでしょう。

【前編】でも書いたとおり続編を望む声も多く、その後の構想を練っていたものの、作者が急逝したため「叶わぬ夢」と思われていました。しかし、グランドジャンプで38年ぶりに続編の連載が決定。少年時代からちばあきお作品のファンだったコージィ城倉先生が、『プレイボール2』として2017年から連載を開始しました。 続きを読む