週刊少年マガジン 2021年43号(2021年9月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2021WM_no43
●『女神のカフェテラス』(瀬尾公治)
ファミリアのウェイトレス5人がお盆休みで実家に帰ってしまい、隼は祖母がいなくなって初めてのお盆をすごすことに。いつもは強がる隼も一人きりはやっぱり寂しくて……?

続きを読む

週刊少年サンデー 2021年43号(2021年9月22日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0743
●『あおざくら 防衛大学校物語』(二階堂 ヒカル)
指を骨折したことで、多くの人からフォローされる立場になった近藤は手持ち無沙汰を痛感する。それでも坂木のアドバイスを得て、お礼にたくさんのシュークリームやバウムクーヘンを買ってくる。

シュークリームでも高級な店のは本当に高いんですよね。さて、同部屋以外の同級生らにもお礼はしたのでしょうか。それともひと段落してからの焼肉でもごちそうするとか。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2021年42号(2021年9月18日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2021.42
●『PPPPPP』(マポロ3号)
新連載となったのは、新たな時代を紡ぐ音。天才の兄弟に挑む平凡な少年の音楽ストーリーだ。ある時、7卵生の7つ子が誕生した。全員がピアノを弾くのが大好きだった。そして天才ピアニストになった。たった一人を除いて──。凡才のラッキーは、父親に見捨てられて叔母の家で居候をしている。天才一家「音和】の名字を捨て、入院梅雨雨の母を見舞いながら押し付けられた家事をこなす。けれど心はまだピアノにあった。

続きを読む

人気講談師・神田伯山が監修した初の講談コミック『ひらばのひと』

落語と同じ話芸に講談があります。現在は長く続く落語ブームの真っ只中で、落語家が東京と大阪を合わせて約1,000人いるのに対して、講談師は東京・大阪・名古屋を合わせてわずか80人。その開きはなんと約10倍以上です。

筆者自身は落語も講談も聞きますが、講談は落語と同じくらい聞き惚れる芸能です。しかし、落語ほどに人気が出ないのが現実。そんな中、久世番子先生が人気講談師・神田伯山先生(講談では真打昇進すると先生と呼ばれる)の監修を得て、今回ご紹介する『ひらばのひと』を描きました。 続きを読む

意外と知らない文化やマナーを学べるマンガ『北欧女子オーサ日本を学ぶ』

過去記事はこちらよりどうぞ
北欧女子オーサの関連記事はこちらよりどうぞ

交通ルールが違う、チップの習慣がない、日本では履物を脱いでから上がるなど、日本と海外ではさまざまな点で違いがあります。はじめて海外旅行にいった時、文化の違いに驚いたという人も多いのではないでしょうか。これは日本に来た外国人も例外ではありません。

ましてや外国からやってきて永住している人であれば、なおさらわからないことだらけ。実際、私たち日本人でも意外と知らない文化や作法は多くあります。北欧女子(スウェーデン出身)として有名なオーサ・イェークストロム先生が描いた『北欧女子オーサ日本を学ぶ』は、そんな彼女が学んだ日本文化などについてまとめられたマンガです。 続きを読む

【特集:臼井儀人シリーズ-5】クレヨンしんちゃん初期の雰囲気を味わえるブラックユーモアコミック『しわよせ人材派遣(株)』

臼井儀人シリーズ-1は、こちらよりどうぞ
臼井儀人シリーズ-2は、こちらよりどうぞ
臼井儀人シリーズ-3は、こちらよりどうぞ
臼井儀人シリーズ-4は、こちらよりどうぞ

良いもの悪いもの含め、人にはそれぞれ個性や特徴があるものです。皆さんが働いている会社もしくは取引先などにも、さまざまな個性を持った人に出会っているかもしれませんね。

それは特技だったり、見た目や言動だったりします。そんな奇妙な特技の持ち主ばかりが集まる人材派遣会社の派遣社員が派遣先で繰り広げる抱腹絶倒劇を描いた作品が、今回ご紹介する『しわよせ人材派遣(株)』です。 続きを読む

週刊少年マガジン 2021年42号(2021年9月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2021WM_no42
●『カッコウの許嫁』(吉河美希)
シンガーソングライター・望月あいが素顔をさらした上に、幼なじみのU君との熱愛発覚でTVは令和のベストカップルの話題でもちきり。結果として二人の仲をお膳立てしてしまったひろは内心おだやかでなく、凪に絶好宣言をしてしまう!単行本第8巻が9月17日(金)発売!

続きを読む

週刊少年サンデー 2021年42号(2021年9月15日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
WS0742
●『君は008』(松江名 俊)
重要データを埋め込んだハニワを移送する任務につくエイトと千堂。校長に「エイトから“陽だまりの力”を学べ」との密命を受けていた千堂。彼は母親がドグラ・マグラであることを明かす。

意外な設定が明らかになりました。最終的に“陽だまりの力”について知るんでしょうけど、千堂の性格面での葛藤も解消されることを願います。エージェントとしての力量は抜群ですしね。

続きを読む

週刊少年ジャンプ 2021年41号(2021年9月13日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2021.41
●『アンデッドアンラック』(戸塚慶文)
風子奪還、vsアンダー戦白熱!大人気御礼表紙&巻頭カラー!!かつて自分の制御しきれないスピードによって友人を巻き込んでしまったトップは、本気で走れなくなっていた。しかしチカラがもっと強くなって成長を認めてもらえるようになったら、また全速力で走って欲しい──そう告げられたことを思い出す。走れトップ!チカラが信じる限り!!

続きを読む

週刊少年マガジン 2021年41号(2021年9月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2021WM_no41
●『黙示録の四騎士』(鈴木央)
卵を奪われて逆上した古竜に挑むパーシバルだったが、彼の力をもってしても竜の前にはまるで歯が立たない。一方、シンから常闇の棺を守り抜いたドニーの活躍を聞いて誤解を解いたハウザーは、ついに聖騎士の真の力を解放する!!最新単行本第3巻が9月17日(金)発売。

続きを読む