週刊少年ジャンプ 2019年25号(2019年5月20日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.25
●『ふたりの太星』(福田健太郎)
新連載4連弾の第2弾で、『デビリーマン』の福田健太郎先生が帰還!夜と昼とで人格が変わる主人公が紡ぎ出す、新たな将棋漫画の誕生だ!14歳の天才棋士とうたわれている天童太星は公式戦無敗のプロ棋士候補。幼馴染の奏だけが彼の真実を知っていて、いつも世話を焼いてくれる。昼と夜の人格の間で交わされる交換日記は、太星の母の提案で始まった。そして昼から挑んだプロ試験で、何故かあえて太星は夜まで長考し……?!

続きを読む

一人の“夢”が弱小チームを変えた!痛快逆転ストーリー『県立海空高校野球部員山下たろーくん』

主役となる県立海空高校の野球部は、自他ともに認める弱小チームでコールド負けの常連。だがある日たまたま、強豪と名高い山沼高校野球部が近くを通りかかり、ふざけて海空の選手を褒めたところ、単純な彼らはお世辞を本気にしてしまう。

「あの山沼高校に勝てるかもしんねー」。そう思い込んだ海空野球部は、チームでも飛び抜けてやる気のある投手・山下たろーを筆頭に猛特訓を開始。1ヶ月後に迎えた山沼高校との練習試合から、彼らの“奇跡の快進撃”がスタートするのだった……! 続きを読む

待望の新シリーズ!『修羅の刻』東国無双編が月刊マガジンにて連載開始

不敗の古武術・陸奥圓明流を操る少年の活躍を描いた大ヒット格闘漫画『修羅の門』。その外伝『修羅の刻』最新シリーズが月刊少年マガジン6月号より連載となり、ネット上では多くのファンが喜びに沸いている。 続きを読む

週刊少年ジャンプ 2019年24号(2019年5月13日発売)

■掲載漫画ピックアップ
jump_2019.24
●『サムライ8』(原作:岸本斉史 作画:大久保彰)
新連載4連弾の第1弾は、『NARUTO-ナルト-』の岸本斉史先生が原作のSF侍活劇!生命維持装置につながれていなければ、3分も生きられない八丸。科学者の父は、そんな息子が自由に外を動くための装置を作る最後のパーツを取りに行くが、悪しき武士に秘密を奪われてしまう。いつも八丸が暇つぶしにしていたゲームにはどこか現実味があって……?!それは人生を変えるあるモノとの出会いとなる!!

続きを読む

週刊少年サンデー 2019年23号(2019年5月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ

MAO』(高橋留美子)
両親を事故で亡くし、祖父と暮らす中学3年生の黄葉菜花(きばなのか)。異世界と思われる町で危ない目にあいかけたところ、魔緒(まお)と呼ばれる青年に救われる。その魔緒は菜花に「おまえ妖(あやかし)だろう」と告げる。そして彼女の体に異変が……。新連載。

明らかに「人間じゃないな」と思ってしまうキャラがいますけど、『うる星やつら』の錯乱坊(チェリー)の例もありますし、余計な先入観は良くないかもしれません。とりあえずは、新たなボーイ・ミーツ・ガールの展開を見守りましょう。

続きを読む

週刊少年マガジン 2019年23号(2019年5月8日発売)

■ 掲載漫画ピックアップ
2019WM_no23
『彼女、お借りします』(宮島礼吏)
「プレゼント」と言って祖母が差し出したのはなんと婚約指輪!レンカノが受け取るには重すぎる品に困り果てる水原を見かね、祖母に嘘をついて別れたことにしようと口を開いた和也だったが、水原の祖母が倒れたと緊急連絡が入り……!!マミが表紙の単行本第10巻は5月17日(金)発売予定!!

続きを読む

みんなで一緒に取り組む楽しさを思い出す一冊『もういっぽん!』

【あらすじ】
青葉中学校で一緒に柔道をやっていた、園田未知と滝川早苗。出場した最後の団体戦は二回戦敗退。結局、最後まで思うような結果を残せなかったことで、未知は柔道をやめようと思っていた。

しかし、中学最後の対戦相手で未知に勝った氷浦永遠は、楽しそうに柔道をする未知を見て「高校では、未知と一緒に柔道をしたい」という思いをいだき、2人の進学した青葉西高校を受験して同級生になる。

一方、未知と幼なじみの南雲安奈は、ずっと未知と一緒に部活をしたいと思い続けていた。未知は「高校では柔道はしない」と言っていたが、半ば強引に武道場へ連れていき、そこで未知と永遠、早苗、安奈が遭遇する。

入学後は、なかなか「一緒に柔道をしよう」という一言を伝えられながった永遠だったが、期せずして未知と乱取りをすることになり、見事に袖釣込腰で投げられてしまう。その時、楽しそうに柔道をする未知を見て、早苗も未知に「もう一度柔道しない?」と誘い、再び柔道部に入部することになり……。 続きを読む

自分が決めた道を行く!『青年は荒野をめざス』で本当の自分を貫こう!

28歳になった姉がようやく結婚するということで、祖母の葬式にすら帰省しなかった矢代家の長男・友哉は、5年ぶりに実家に帰ることになった。東京に出て「かわいい女の子」になっていた友哉だったが、仕方なくその姿で実家に顔を出すことに。「ただいま」と帰ってはみたものの、出迎えた母親には案の定「どちら様?」と聞かれて「友哉よ」と答えるが──?!

続きを読む

1905-まんが川柳

日本中 笑顔の花が あふれる日

今年の母の日は5月12日。みなさんは何かされますか?
普段は照れくさくて口にできない人も、日ごろの感謝の気持ちを伝えるいいきっかけになりますね。